Website Ribbon PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
外でメシを食い、酒を呑もう
東日本大震災が起こってちょうど一週間。

僕は東京にいますが、今やれること、をとにかくやっています。

・    仲間と協力して義援金まとめサイトの立ち上げ
・    いま所属しているところの、東北拠点への物資搬送支援
・    現地安否確認&被災地MAP作成
・    東北の地区本部機能停止に伴う代行業務
そして、当然ですが節電、不必要に車に乗らない、などなど。

もちろん全て必要なことだと思ってやっています。

でも、少し落ち着いてきた今に感じる、この違和感。

幸運にも、いま甚大な被災地から離れて生活できている僕らが本当にすべきこと・・・

それが、外でメシを食い、酒を呑もうってことじゃないんでしょうか。

誤解がないように言っておくと、要は、「経済活動を回そう」ってことです。

買占めをせず、不必要にガソリンを使わず、節電し、義援金を寄付し、
その上で、通常業務をできる限りこなし、経済活動に寄与する。
被災地から離れた僕らはこれをやったほうがいい。

なにもかもが「不謹慎」だと必要以上に巣ごもりし、節制をすることは経済を停滞させます。必要以上にビビって、仕事をしなければ、カネは滞ります。
企業が経済活動をできなければ、売上が上がらず、利益が上がらず、従業員に給料を払えなくなる。そしたら、家庭にお金がなくなる。買い占めたくてもできないよ。
アタリマエのことです。
カネは空から降ってこない。

すべてのものを「キャンセル」しちゃったら、それを受注していた企業はどうするの?

大企業はまだイイです。キャッシュに余力があるから。
(だから、大企業の社員は、カネが空から降ってくると思いがち)

中小企業は間違いなく・・・大変です。
死活問題です。

僕がこよなく愛する小さな料理屋さんも、お客さんが来なくて困っている。
食品を仕入れても、お客さんが来なければ無駄になる。
売上が上がらない。
もし継続ができなくなったら・・・困るのはお店の人はもちろん、そこを愛する僕らですよね。
そして、食品やガソリンを買い占める愚か者のせいで、本当に仕事に生活に必要なこういう人達の仕入れにも移動にも影響がでているわけです。
全て回りまわって自分に帰ってくるんです。

自分は間違いなく、「全体の一部」です。
すべてはつながっている。

為替や株式で儲けた人、よかったですね。
それが、「投機」でさえなければ、日本を買い支えたんでしょう。
合理的に考えれば、立派な経済活動です。
でも、それを行ったときの自分の心持ちが大事だと思います。
この状況下で、自分に恥じていなければいい、と思います。
まあ、人間「自分にだけ」はウソはつけないので、僕に言われるまでもなく、自身で分かっていることですよね。

サッカー選手が、「いまはサッカーなどしている場合じゃない」という台詞を言ってましたが、「じゃあ何をするの?」と思います。
君らがプロフェッショナルとしてやることはサッカーでしょう。
仮に直接的に被災地を勇気付ける行為にならなかったとしても、間接的に日本を活性化させ、支援にも繋がるでしょう。
野球選手も一緒。

もちろん、本当の本当にいま一刻を争う緊急事態に直面し、そこで実際に何かをやることができる立場であれば、全て別ですよ。
念のため・・・

「今」だからこそ、感じたことを書いてみました。

おちまさと氏のブログには激しく共感です
〜「不謹慎」とは何か〜
http://ameblo.jp/ochimasato/entry-10830934123.html

僕はいま、骨折して動けない母など、家族のケアを優先させてもらっていますが、こんな時だからこそ、可能な限り外食もなるべくしようと思います。
仕事は、もちろんです。
その一方で、被災地に直接支援できることを考え、実行しようと思います。

本当に、被災地の状況には・・・言葉がありません。
現地に知人が何人もいますが、彼らからの話はTVの何十倍も壮絶、そして凄惨です。
現地で戦っている人のためにも、人まかせにせず、僕らはやれることをやるべき。
僕らはみんな当事者です。

今回のことで、色々なものがリセットされてしまいました。

だからこそいま、僕らは「人として」本当に問われていると思います。
| 備忘録 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
2010年マーケティング&ライフメモ
 
2010年12月30日。
もう一年が終わろうとしている中で、一年分の手帳を読み返すのが毎年の習慣。

毎日毎日、WEB、新聞、TVなどのメディアで気になったものや、単なる気づきなどをメモっている。
特に、自分が思わず買ってしまったものなどは、後から振り返って見て、マーケティング観点から、なぜそれを買ったのか?は必ず振り返ってメモを取っている。
これは自分がマーケティングを設計する際に、本当に助けになる。

で、見直してみた。

◆1Q(1〜3月)

とにかく、新たなトレンドやヒントを探している。
定番刷新商品が息を吹き返すのを見ていて、実は先を走るのではなく、既存のものの価値を見直すのが本当なのでは?みたいなメモがたくさん書いてある。

表参道のプロジェクトも色々あり、東北行脚にテストマーケにとにかくカオスな日々。

◆2Q(4〜6月)

小売り、特に百貨店関連のメモ多し。
デパートの売り上げが落ち続ける中で、奮闘する店もあり、デパートの本質的価値は何か?みたいなものを突き詰めるべくスタートした時期だった。
東武デパートが、店内ツアーをやったり、池袋西武のデパ地下がリニューアルして、駅ナカとの真っ向勝負が始まり、「イケセイキレイ」では店頭でのビジュアルプレゼンテーションを強化したり、高島屋がシャングリラホテルとアライアンス組んで、中国人対応を強化したりしていた。

自分は、やり方にこだわりすぎて、「あり方」を失いかけていたように思う。
ブルースリーの動画に救われる(笑)

しかし、ワールドカップを挟んだ時期のテストマーケの結果から、思わぬオファーが来て、やはり何より「動くこと」の大切さを再認識する。

レディーガガのライブにも圧倒されたなぁ。

◆3Q(7〜9月)

電子書籍とか、ソーシャルメディアとか、かなり盛り上がった時期。
グルーポンが台頭してきたのはこの頃。
世の中が新しいものに対して過熱気味で、当然自分も巻き込まれる。

しかし、かなり早い段階からトライアル&エラーをしていたので、焦りながらもどこか冷静でいられたのは収穫だった。

人生で初めてのパリに行った。アメリカには何度か行っていたが、初のおフランス。
街の汚さにビビって日本のスペシャルさを再認識するとともに、小手先が通用しない「本物感」を感じるには十分な体験だった。特にオーガニック料理などの日本では「先進的なもの」がコモディティ化した世界を見るのは新鮮だった。
それにしてもiphoneとfacebookの普及率はすごかったな。

この頃、これを見直していた。

◆4Q(10〜12月)

1〜3Qのまさに締めくくりみたいな状態だったように思う。
電気自動車が盛り上がった。
アメリカのテスラが、トヨタだのパナだのと全方位的にアライアンスを組み、ヤマダ電機とビックカメラでEVが売られることにまでなった。
もともと訪問販売がoriginのヤマダは、ビッグとは根本的に違う戦略だと思うのだが、ビッグはどうしていくつもりなのか。これはこの先が楽しみ。
あと、SNSにソーシャルゲーム。それにウィキリークス。
色々な意味でOPEN化とソーシャル化のしぶきが一気にまとまってきて、波になってきた印象を受けた。

ここで自分の思考は、1Qの頃に戻っていた。
次々と新しいものが生まれる中で、本質的な価値はなにか?ということ。
昔と今をブリッジするもの。
それが少し見えてきた。

ということで年末。

年頭所感の達成度は60〜70%くらいかな。
裁判官は自分、だ。

今年はブログをほとんど更新できなかった。
インプットにも、もっと時間を割きたかった。

お世話になっている方々に対しても、不義理を働いてしまったように思う。
時間というものは、自分でつくるものなのに。

それなのに、10月末に誕生日に、自宅を不法占拠頂くなど(笑)、、、、もう。本当に感謝の気持ちでいっぱい。

仲間と一緒じゃなかったら、こうやって振り返ることすらできなかった。
心底、有り難いことだと思った。

来年はさらにとんでもないことになるが、自分の使命を全うしたい。

必ず、そういう年に。
| マーケティング | 11:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
イギリス、LUSH(ラッシュ)のマーケティング手法
 今日の日経MJにイギリスのLUSHが躍進している記事がありました。
http://www.lushjapan.com/



簡単に言うと、

・商品開発、コンセプト、プロモーション、店頭訴求方法、VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の基本は、本国で
・接客(一部VMD)は日本で

開発といったところ。

「戦略」は本国流で、「戦術」は日本流で、いうもの。

かなりナルホドと思いました。

ローカライズがちゃんとできてる。

マーケティングに関わっている人間なら、なるほどね〜 と頭では誰でも理解すると思いますが、僕は、これを生で体験した感想を。

新宿駅西口から三丁目まで、雨に濡れずに地下を歩いて行けるのですが、その地下通路の途中にLUSHがあります。
決して立地は良いと言えません。
あと、新橋のWINGにもあります。これも同様。全然良い場所じゃない。

そこにひときわ、強い香りと笑顔の女のコが現れます。

最近その新宿地下の店を通ったとき、オレンジ色の巨大なゼリー(バスソープ?)をトレーにのっけて持っていた女性スタッフが、それを左右に揺らして店頭に立っていました。これまた笑顔で。目だつ感じで。

僕は多動児なので(笑)、一瞬にして目を奪われます。

と、すぐにそのコがそれをもって、タタタタと走りよって来て、一言。

「ちょっと触ってみてくださいっ」

とトレーの上の、ブルブルのゼリーを揺らします。

僕と相方は神楽坂のレストランを予約していて、やたらと急いでいたんですが、それにも関わらず、思わずすっと触る。

なんか、ここまで書いていて、読み方によってはすげぇエロいことに気づいた(笑)

すごいのが、その店員のコと僕らにかなり距離があったこと。
駅の構内みたいな通路にあるんですが、通路の真逆まで10mくらい小走りで来たわけです。

僕らは購入はしませんでしたが、
・興味を持ってみた人を見逃さない注意力と、
・一瞬にしてアテンションを奪うあのビジュアルプレゼンテーションの手法に参りました。

だって、今でもこんなに鮮明に覚えているわけですから。

一時期、バス用品を結構買っていたことがありましたが、店内に入ってからの接客もおもろいです。
賞品は基本的に香りが強く、好き嫌いはあると思いますが。

こうやってマーケティングの記事に取り上げられると、普段は五感で情緒的に感じて脳にストックしていたことを、左脳で形式知としてとらえることができるのですごくイイ感じです。

| マーケティング | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
October sessions
 

全力の日々を送っております。

倒れるなら、前に。という感じであります。

Twitterにはよく書いているのですが、どうもブログ不精になってしまっています。
やはり、放出するエネルギーには限りがある、ということでしょうか(笑)

この1ヶ月、このブログで何度も書いている、池袋の神の店「S」の社長交代劇があったり、
書ききれないほど色々なことがありました。

本当に、日々生き、生かされているという感じがします。

そして極めつけは、10/30。
なんと自宅で友人数人が不法占拠しているという、バースデーサプライズを受けました。

これ、ほんとびっくり。

だって・・普通にミーティングして、相方を実家に寄って、
のほほんと家に帰って、2Fのリビングに上がったら・・・

「イエーイ!!!」

ですよ。

一瞬、「は??」

です。

完全にありえません。

不法占拠です(笑)

狭い我が家に10人以上もひしめき合う状態で、本当に最高に幸せでした。

・・・ズルいなぁ。
その手があったか。という感じです。

マジでありえん。
幸せです。

本当にありがとうございました!!!

みなさん、ガンガンにFWしていくので覚悟していてください(笑)


毎年10〜11月は最高に調子が上がります。
更に回転数を上げていきます。

来年の中盤くらいには、おもろいことを起こす。
めがけて日々猛進中。

さあ、やったるで。




| 備忘録 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
マーケティング

消費者に聞くことが良いとは限らない。

フォーカスグループインタビュー(グルイン)なんて死ぬほどやったが、マーケットインにばかり傾倒するとロクな商品は作れない。

作り手が、全経験と全知識・知恵を総動員して気が遠くなるほど考え、まだ消費者が気づいていない価値を提供し、気づいてもらうか、これに尽きる。

ということはマーケターという人間自身の経験・知識・知恵とうその人を形成する「価値」が問われることになる。

僕の師匠は言った。

「マーケターとして一人前になるには、その前に人間として一人前になる必要がある」

渡された本は「リーダーシップの旅」だった。

昔書いたブログ。

「消費者はクリエイティブをつくれない」


常に考え、物事を見なければ。

| マーケティング | 12:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
フランス渡航記 その1

僕が感じたフランスについて書いていきます。
(あくまで主観なので真偽のほどは定かではありません)

6末〜7月初旬、10日間の滞在のうち、ほとんどの日程がパリ。
3日間はシャンパーニュに行きました。

凱旋門、シャンゼリゼ通り、エッフェル塔、ルーブル美術館、セーヌ川クルーズ、ヴェルサイユ宮殿、ノートルダム寺院、オペラ座などは一通り制覇。
とにかく石畳なので、足が疲れる。死ぬほど疲れる。
そして、極めつけ。

パリのアパルトメン(マンションみたいなやつ)は、ほとんどが古い建物を綺麗に改装して使っているので、エレベーターがない。
僕らが滞在していたのはイタリア(コルシカ島)へバカンス中で留守にしていた義理の叔母の家。
なんと7Fまで毎日階段で登る日々。
死ぬほど街中を歩き、その状態で7Fへ登る。
毎日ありえないほど疲れて、毎晩気絶。

日本から持っていった「足ひんやりシート?」みたいなヤツがこんなに重宝するとは。
歩きすぎて、完全に筋肉つきました。

そして、高カロリーの肉、フォアグラ、ワイン、デザート(このコンボの延延繰り返し)を毎日毎日繰り返していたのにも関わらず、1キロも太りませんでした。

気づきその1:

アメリカとの大きな違い。フランス人はデブが少ない!

理由はファーストフードが少ないから?
それだけじゃないのでしょうが、圧倒的にそう感じました。
あれだけカフェ文化が根付いていたら、マックカフェの入る隙はないですよね。
シャンゼリゼで一店見つけられたくらいかな。他にもあるんでしょうけど知りません。
あと、オーガニック料理も安いです。

次回はフランスに対する偏見について、検証してきたのでレポートします。
多分・・・

| 気づき | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
60日ぶりにコンニチワ。
 

気がついたら2ヶ月もブログを更新しておらず、そのせいでTOPに全力で広告が出ていたようです。こりゃ、いかん。大変失礼しました。

 

2ヶ月前の渡仏前に書いたブログが最後ですが当然、そのままフランスにいたわけではありません(笑)

ちゃんと日本で生きています。

 

Twitterは、結構アクティブです。(右の窓を見てください)

こういうリアルタイムウェブのおかげで、ブログを書くのも読むのも、すっかり怠けてしまいました。

RSSリーダーさえも。

 

そういえば、フランスは10日間いて、ほとんどがパリ。あとはイトコの別荘のあるシャンパーニュでシュワシュワ祭り。LAやNYを舞台としたドラマのなかで、セレブをして「夏のバカンスかクリスマスは絶対パリよ!」と言わしめるシーンを何度が見たことがありますが、理由がよく分かりました。

 

とにかくメシがうますぎ。ワインとかフォアグラとか安すぎ。

1週間でアル中と、百貫デブになれます。

物価は高すぎ。(超ユーロ安でなかったら、あれはキツイ)

ブランド物、(日本と比較したら)かなり安い。

パリでは英語は思ったより通じるけど、とにかく人間がexclusive。プライドが高い。

街がゴミだらけ。地下鉄も汚い。タバコも平気でポイ捨て。モラルが低い。

(下水が発達しているから道路でなんでも流しちゃう)

あと、路駐がかなり笑えます。当てないと出られない、という噂は一体本当なのか、どうなのか?

次回、写真を交えてお伝えします(笑)

 

PS

ということで、生きていますw

浮いたり沈んだり、仕事で徹夜したりサーフィンしたり、飲みすぎて冒険の書を飛ばしたり、石野さんのMGで興奮したり、とにかく全力で走っております。

| 徒然 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) |


明日から渡仏です。

相方の叔父が、フランスを拠点に活動する舞踏カンパニー・山海塾の創始者:天児氏なんですが、その娘Leaの家と叔母さんの家にStayします。

イトコのLeaは日本人とフランス人とのハーフなんですが、ほぼフランス人。

昨年、我が家に2ヶ月居て、初めての花見やら初めてのサーフィンやら、初めてのアホ軍団(地元の愚弟)との遭遇やらで、楽しい日々を過ごしましたが、今回は逆パタン。楽しみ。

ほとんど何も決まっていない旅程なので、どうなることやら。

 

ちなみに、明日の朝発ちますが、まだ何も用意してません(笑)

TONYさんのイタリア旅行に負けないくらい楽しもう。

ってか、ミラノに寄って、TONYさんが行ったレストランまで行こっと。


もし帰ってこなかったら探さないでください(笑)
| 備忘録 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
空間のとらえ方

この男

家にTVがない。
ここまでは結構最近多い。
(予断だが、最近「TVを見ない」ことをやたらと自慢する輩が最近多いね)

で。

次に、冷蔵庫がない。

そして、洗濯機もない。

「大丈夫か?」

と尋ねたら、「のどが渇いたら、家の前の自販機に買いにいく」と。

飲みたいときに、飲めなくて不便じゃん!

と言ったら、家の目の前だから、全然不便じゃないって。

確かに、寝巻きとぼさぼさの髪で外に出ることさえ気にならなければ、
一瞬の便利のために、高額な冷蔵庫を買って維持するよりも圧倒的に効率的だ。

一切の在庫を持たない、この男。
さながら、just in time.

で。洗濯は、近所のコインランドリー。
食事は、徹底して外食。

だから、間違えて買ってしまった、やかんの処理に困っているらしい。
意味不明(笑)

彼のすごさは、このLean型経営ではなく、違うあることだと気づいた。

「空間のとらえ方が僕らと違う」

のだ。

「自分の家」 という範囲が僕らより広い。

家の前の自販機も、近所のコンビニも、コインランドリーも合わせて広義の「自宅」らしいのだ。

自分が小さく思えるできごとでした。

でも・・・決してマネはしません。
| 気づき | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
激しすぎるメッセージ

「○○過ぎる」というキャッチコピーは、強烈なインパクトがある。

 

広告やマーケティングの世界では、「激安!」とか「圧倒的!」とか

こういう類の広告は、公取のチェックが厳しい。

 

その根拠は?比較対象は?

消費者を誤解させるのでは?

 

おっしゃる通りである、

 

でも、だからこそ、そういうエクストリームなメッセージは魅力的だ。

 

便利すぎるipad」

うますぎる朝食、Eggs’n things」(類似例 : “世界一の朝食”「bills」

気持ち良過ぎる、ツボ押しマッサージ」

 

結構、興味出ますよね?

 

極めつけがこれ。

 

「美人すぎる 市議会議員 藤川優里」

 

見てみたいと思わない男性陣はいないのでは?

 

いまブログなどの口コミの方が、企業の広告より人気があるのは、

ポジショントークが少なく、「信憑性がある」ことだけじゃなくて、

メッセージに対して、前述のような「広告規制がない」というのは大きいな、思ったわけです。

 

Check
| マーケティング | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/58PAGES | >>