Website Ribbon おしらせ | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
これからの時代の働き方:「パートナーシップ」を学ぶ

4/10(土)代々木で行われる「世界連邦21世紀フォーラム」にて我が親愛なるパートナー、我らがクレイジー兄貴の@hhassyが講演します。
Twitterアカウント名で書いても分かりませんね(笑)

このフォーラムは、言わずもがな、木戸寛孝さん主催。
木戸さんは、あの木戸孝允(桂小五郎)の6代子孫にして、木戸幸一の孫。
児玉源太郎のひ孫でもあります。

ニックネームは"ドッキー"さん。
我が敬愛する師匠であり、僭越ながら同志でもあると僕は思っており、
2年ほど前から"ドッキーワールド"にインスパイアされています。

昨年くらいから急激に幕末ブームとなり、維新の気運が高まっていますが、
ドッキーさんの露出が増えてきたことと決して無関係ではないでしょう。

そしてドッキーさん主催の第15回世界連邦21世紀フォーラムが
4月10日(土)に下記の要領で開催されます。


=================================================

日 時: 2010 年4月10日(土) 17:45〜20:45 (17:30 開場)

場 所: 東京体育館 第1会議室
MAP→ http://www.tef.or.jp/tmg/access/access.html

テーマ: 「パートナーシップ・マネジメント」

講 師:  橋口寛
http://www.wfmjapan.com/program/2010/04/10132139.php

橋口寛事務所代表。小説家志望の学生時代を経て、ダイムラークライスラー日本法人での販売店経営支援、アクセンチュア戦略グループでの戦略コンサルティング業務に従事。その後、橋口寛事務所を設立し独立し、各種パートナーシップを組んだ企業向けのコンサルティングや教育研修を行う。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。ダートマス大学大学院修了(MBA)。著書:「パートナーシップ・マネジメント」(ゴマブックス)他


<橋口さんからのメッセージ>

経済環境が激変する中、
旧来型の組織の多くがきしみをあげている。
組織の環境不適合はパフォーマンスの低下を生み、
組織で働くヒトの心に悪影響を及ぼしている。
それはすなわち、
多くの日本人の精神に悪影響を及ぼしているということだ。
一方で、変化の萌芽も辺境で少しずつ見え始めている。
これからのマネジメント、働き方はどうあるべきか。
答えはパートナーシップ・マネジメントにある。


参加費:5,000円


【参加申込みの予約方法】
フォーラム参加の申し込みにつきましては、
以下のアドレスにアクセスして頂き、
講座プログラムページの参加申込みフォームよりお申し込み下さい。
http://www.wfmjapan.com/program/2010/03/13025552.php


何かご不明な点などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
info@wfmjapan.com
担当:松田創・成田好孝(世界連邦21世紀フォーラム 事務局)


=================================================


橋口さんのパートナーシップの講義は、以前、僕が関わっているCLAでも講演してもらったことがありますが、はっきり言います。

これは人生において聞かなきゃ損。

この考え方を頭に入れておくとおかないのでは、
今後時代が大きく変化していく過程で、大きく差が出てくるはずです。

講演の半分は自己紹介だと思いますが(笑)、don't miss itです。


PS
右にtwitterの窓を設置してみました。
いまどきのウィジェット。
簡単だけど、ほんと良くできてます。

| おしらせ | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
日本で初めてのグリーン・カルチャー・スクール


オルタナサロン・アカデミー」がいよいよ4月に開講します。

「オルタナサロン」とは、表参道のまさにど真ん中にOPENした「グリーン・カルチャーの発信地」。

1Fは東京で唯一のチェコ料理レストラン
2Fは素材にこだわった家具メーカーのワイス・ワイス(社長の佐藤さんの日経記事はコチラ)があり、
その地下にオルタナサロンがあります。

サロンの一部は「社員をサーフィンに行かせよう」の監訳者:森摂さんが編集長をされている雑誌「オルタナ」の編集部。
そして、近くにはハーブ・アロマテラピー文化を創造した「生活の木」の本店があり、他にもグリーンな企業・人たちが集まりつつあります。

このサロンでは、単なる流行ではないエコ、ソーシャル、サステナビリティ、CSRなどの各種社会問題に向き合う企業の経営者やビジネスマン、学生、アーティストを中心にイベントや勉強会、ダイアローグカフェなどを開催しており、「緑の梁山泊」を目指して活動中。
最近では、日本未上映であるリュック・ベッソン監修の環境映画「HOME」の上映会も催されました。

そんなここ、「オルタナサロン」にて日本で初めてのグリーン・カルチャー・スクールが開かれます。

僕は、グリーン・カルチャーと言っても決して原理主義的・禁欲的ではなく、誤解を恐れずに言えば「楽しくなければダメ」と思っています。
(「楽しい」の定義は様々ですが、本質を知り例えばそれが目を覆いたくなる事実であったととして、知的好奇心を刺激される=楽しい⇒行動につながる、と僕は定義しています)
たとえば今流行の"エコ"であっても、それを免罪符的に使ったり、無理をしてやるのではなく、それが既存のものと比べて、かっこいい、機能的でいい、おいしい、そうでなければ本質的には広がっていかないと思います。

オルタナサロン・アカデミーの講座カテゴリは、「環境CSR」、ソーシャルメディアなどを扱う「コミュニケーション」、「ライフスタイル」、「食事」、「伝統文化」、「ホリスティック」、「アート音楽」と多彩です。講師はもちろん その道で超一流のプロフェッショナル方たちばかりです。

僕もファウンダーとして、このサロンの運営に関わっています。

まずは【3/29 19:00〜21:30】に当アカデミーのレセプションパーティがあるので、ぜひお越しください!!
当日は、「究極の食」著者:南清貴さんの講演やその他イベントを予定。
詳細は追ってWEBサイトにてご案内します。

このサロンが今度どうなっていくのか、とても楽しみです。
賛同頂ける方!ぜひ一緒に盛り上げて行きませんか?

まずは3/29にぜひ!!
| おしらせ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
キン・シオタニ&立川志の吉 レギュラー番組決定
もう1月も折り返し。
すごいです。いきなり全力で走ってます。

あー。もう。
世の中素晴らしいぞ。

以前、僕の結婚パーティーで「馴れ初め紙芝居」をやってくれた天才イラストレーターのキン・シオタニさん が、テレビ神奈川(TVK)でレギュラーを持つそうです。 すごいなー。
http://www.tvk-yokohama.com/kin/index.html

そして我らが立川志の吉さんも相方としてレギュラー出演するそうです。
第一回目は、あさって(日曜)の深夜23時半から30分。
先日代官山であったライブが流れるそうな。
このライブ、もちろん僕も行ったけれど本当に最高でした。
次で6回目になるけれどほぼ毎回通っています。

落語家とライブ絵描きのコラボ、まさに天才。
そして、すごいのが、世界で圧倒的にオンリーワン(=ナンバーワン)であること。

まちがいなく、もっともっとブレイクするでしょう。
 (これとかヤバい。)

ちなみに、TVKは東京都内ならどこでも見られると思うけどどうなのかな?
アナログ5ch、地デジ3chです。

そういえば、代官山での収録時、このキンシノ担当のTVKディレクターの一人が偶然にも相方の中学の同級生。
なんか最近、こういう偶然がありすぎて驚かなくなってきた。
世の中何でもアリだな(笑)


というわけで、Twitterでも告知中。
 http://twitter.com/mac1031
(更新されると流れて行っちゃうので、下を追ってください)

Twitterやべぇ。
凄まじいパワーと時間を取られても、その面白さと可能性への期待に勝てない。
みんながやるようになったらRSSリーダー、全く要らなくなるな。
まだやってない人は、騙されたと思ってやってみてはいかがでしょうか?
論ずるのはやってみてからでも遅くないですよ!

さて、キンシオ&キンシノ。

ドンと見据えて。 Don't miss it.
| おしらせ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
お騒がせしました!
 
お騒がせしてすいません。
昨夜、問題は解決しました。

いま無事、通常のメールも復旧しました。

gmailも生きていますので引き続きよろしくお願いします。

ご協力頂いた方、本当にありがとうございました!!!

で、まだ再送頂いてない方もいらっしゃるかと思いますので
お手数ですが、ご協力頂けるとありがたいです。

よろしくお願いします!!

---------------------------以下再掲--------------------------------------
 

 みなさま!

 

8月27日(木)〜いま現在8月29日(土)17:38まで、私のメール(mac <at> mx7.ttcn.ne.jp)が不通になってしまっております。

 

サーバー容量オーバーし、上記期間は全てメール受信拒否してしまっている状況です。

gmailに頼りすぎてサーバーにメールを溜め込んでしまいました・・・)

 

8月27日(木)〜8月29日(土)までの間に私宛にメールを頂いた方、すべて戻ってしまっていると思います。


本当に申し訳ありません・・・!!!


メールが少ないなぁとは思っていましたが、メイン以外の他のアドレスは生きていたので、気づきませんでした。

今日、知人に指摘され気づいた次第です。


明日の朝までには復旧させますが・・・・お願いがあります!!

 

8月27日(木)〜8月29日(土)までの間に私宛にメールを頂いた方、大変お手数ですが、再送頂けないでしょうか。

 

メールアドレスは、

 

mac.miyata<at>gmail.com

<at>を@に変えてお願いします。SPAM対策です)

 

ちなみに、みなさんに戻っているメールは、

送信者:MAILER-DAEMON@s124.secure.ne.jp

件名:failure notice

 

となっているはずです。(違うケースもあるかもしれません)

 

本当にお手数をおかけて申し訳ありませんが、なにとぞご協力をお願い致します。

 

取り急ぎ、上記gmailアドレスは生きていますので、お急ぎのコンタクト等ありましたらぜひそちらにお願い致します。


すいません!

明日の朝までには復旧します。


ご協力、なにとぞ!よろしくお願いします!!!


| おしらせ | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
【緊急】お詫び&お願い!!

【動揺のあまりう月を間違えてました!!ほんとバカです。ごめんなさい!修正!7月じゃなくて8月!!】

 

 みなさま!

 

8月27日(木)〜いま現在8月29日(土)17:38まで、私のメール(mac <at> mx7.ttcn.ne.jp)が不通になってしまっております。

 

サーバー容量オーバーし、上記期間は全てメール受信拒否してしまっている状況です。

gmailに頼りすぎてサーバーにメールを溜め込んでしまいました・・・)

 

8月27日(木)〜8月29日(土)までの間に私宛にメールを頂いた方、すべて戻ってしまっていると思います。


本当に申し訳ありません・・・!!!


メールが少ないなぁとは思っていましたが、メイン以外の他のアドレスは生きていたので、気づきませんでした。

今日、知人に指摘され気づいた次第です。


明日の朝までには復旧させますが・・・・お願いがあります!!

 

8月27日(木)〜8月29日(土)までの間に私宛にメールを頂いた方、大変お手数ですが、再送頂けないでしょうか。

 

メールアドレスは、

 

mac.miyata<at>gmail.com

<at>を@に変えてお願いします。SPAM対策です)

 

ちなみに、みなさんに戻っているメールは、

送信者:MAILER-DAEMON@s124.secure.ne.jp

件名:failure notice

 

となっているはずです。(違うケースもあるかもしれません)

 

本当にお手数をおかけて申し訳ありませんが、なにとぞご協力をお願い致します。

 

取り急ぎ、上記gmailアドレスは生きていますので、お急ぎのコンタクト等ありましたらぜひそちらにお願い致します。


すいません!

明日の朝までには復旧します。


ご協力、なにとぞ!よろしくお願いします!!!

| おしらせ | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
BENKEI 開店
 

お待たせしました。

 

ヨーロッパ随一の高級リゾート、スペインのカナリア諸島にて近藤隆雄さんの寿司屋が今日、6月19日(現地時間)にいよいよOPENです。

 

名前は「BENKEI」

 

そう、「弁慶」です。

 

カナリアにおいても初めての完全なる本格的「スシ・レストラン」。

看板を張る寿司職人は、汐留の寿司屋にもいた桜岡氏。

 

カナリアは、実はマグロが豊富なところで、本当に質のいい本マグロが取れるとのこと。日本マグロ漁船の基地が昔からあることで有名です。

それだけでなく、ハモン・イベリコ・ベジョータ(どんぐりしか食べさせない最高級のイベリコ豚)の寿司など、スペインならではのラインナップも。

僕はこれ、日本での試食会で食べましたが、最高でした。

 

カナリアの人口は、200万。観光客が1200万。

行ったことはないのですが、市場としてはかなりな規模ですね。

 

さすが、というのも失礼ですが、絶妙なPR戦略を展開されており、観光大臣などの要人をプレオープンに100人単位で招き、チケットは全てsold out.

このHP(
⇒参照)や、地元新聞でも取り上げられています。

 

近藤さんのメッセージを下記転載します。


*****************************************************************

白地に大きな黒文字で弁慶、漆のようなツヤのある室内の黒壁と机、い玄関の戸、床の中に埋め込まれた明かり、庭の飛び石のような床のパターン、暖簾以外は全て西洋の素材で、カナリアに「日本」が誕生。

そこに、日本の陶器、磁器の皿や湯呑を置くと、美しく映えます。
誰もが見たことの無い美しさにQue Bonita!と言葉を失います。
変なオリエンタル調を越えた、本物の日本の「美」意識が、開店前から大変な評判。


是非皆様に来ていただければ、幸いです。

アフリカ沖の大西洋に浮かぶスペインの群島、
コロンブスが大西 横断航海に出発した、
海の幸と太陽の光豊かなカナリアにて、

近藤隆雄 TAKAO KONDO

*******************************************************************






「のれん」は、東京ミッドタウンの”とらや”の大暖簾を担当した美濃部さん制作とのこと。

 

いよいよ開店。

僕も来年訪れようと思います。


  「BENKEI」
   Rafael Almeida 34,  35007 Las Palmas de Gran Canaria ESPA&Ntilde;A
   電話 +34 928 472 513

 

| おしらせ | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
6/13 ピース・イベントのお知らせ

来る 6月13日(土)に、国際交流支援を目的としたチャリティーコンサートが原宿クエストホールにて開催されます。

 「ピースクエスト2009 春夏」
 
 ■日時:6月13日(土) 13:30開場 14:00開演
 ■場所:原宿クエストホール
  
 
僕は、特に!このイベントに出演するバンド「XQ’s」を観るために何度かお邪魔していますが、
「XQ's」は、生活の木 重永社長や、オルタナ編集長の森さん、OKUTAの山本社長、KIYO's KITCHEN 南社長、さらにジーコンシャスのMr.LOHAS イデトシカズさんなど壮々たる社会貢献企業経営者で構成されたバンド。    
バンド名はexcuseなのに、言うまでも無く実態は、まさにNo excuse!!な方たちばかりだと思うのですが・・(笑)

会場は、現地の名産品、飲食物なども並べられ、なんとも温かい雰囲気です。

僕は残念ながら当日は某島へ逃亡中のため行けないのですが、、
HAPPYオーラに溢れたイベントなのでお時間ある方はぜひ!!!

http://www.sputnik-international.jp/pq/pq_index.htm 
 
前回はスリランカ、今回は、ガーナの子供たちへの教育支援のための活動で、
収益全額を寄付に回されるとのことです。

| おしらせ | 07:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
ホンキで聞きたいチームワーク研修!
以前CLAでも2回開催したムラタぐコーチのチームワーク研修。

今週の日曜日(2/15)、知人の富田社長主催の「ホンキキ!」にて開催されます

僕も2回参加しましたが、
あの・・・これ知らないとマジで人生ソンすると思います。

世に溢れるインチキ本、インチキセミナーやインチキ教材のDM。
いい加減、世間はホンモノに気づき、ホンモノだけが生き残るべき時期です。
(K間K代先生とエドはるみはどっちが早く消えるのでしょうか(笑))

激しく脱線しましたが・・・
とにかく一線を画した内容です。

そもそもどんな孤独な人でも、チームと無関係な人なんてこの世に存在しないと思います。

究極の個人プレーに見えるオリンピック。
「チーム北島」の結束が北島康介の金メダルを長年支え続けた話は有名です。

取引先・外注先・同僚・パートナー企業・・・みな間違いなくチームです。
夫婦・家族は最も身近なチームです。

そんなことも、この研修で気づかされます。

まぁだって、講師がヤバいですもん。

村田祐造(通称:ムラタぐ)
-----
あのアメリカズカップ(ヨットレース)に参加したT大工学部卒の秀才エンジニア。
でも?三洋電機の元プロラガーマン。
そして、元ラグビー日本代表のテクニカルコーチを務め、
オグシオや普天王のコーチも務めた裸の戦士。
嫁には弱いが酒にも弱い、気は優しくて卓球が上手い力持ち。
リスペクトする変態男です。

イケてる男はみな変態なのです(笑)

CLAの時と同じく、

実技:タグラグビー体感(老若男女が一緒にできるライトスポーツです)
講義:体で学んだことの落とし込み

体と心で感じて頭にそしてワークに落とす。

この「体感」と「座学」というのがこの研修の最大の特徴です。

まさに心・技・体です。

一流のアスリートって
一流の経営者、エンジニア、学者、哲学者、作家、棋士、etc・・・と同じようなことを言いますよね。

その理由も垣間見ることができると思います。

CLAで開催したあと、参加者・講師・主催者みんなでの打上げは、すんごいユーフォリア感でした。
いま思い出してもあれはすげえ。

研修を通しての僕の最大の学びは、

「チームに関する悩みのほぼ全ては、自分が変わることで解決できる」ということ。

全ての事象は一緒なのかもしれませんが。

よいきっかけになることは間違いありません。

う〜〜、ぜひ!
http://honkiki.com/2008/12/1day.html

| おしらせ | 12:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
混ぜたら・・・どうなるのだろう?

いよいよ明日から一般発売開始です。
http://blog.y-force.jp/2008/09/post-7352.html

以前も書きましたが必見です。

なんと先行予約で半分以上は埋まった模様。

当日、どうなるのか?

混ぜてみないことには全く分かりません。
多分、出演者の方たちも・・・

とにかく楽しみです。
| おしらせ | 17:39 | comments(5) | trackbacks(0) |
近藤隆雄のサムライ塾blog開設

初代バドワイザージャパンCEO近藤隆雄さんのブログが開設となりました。

Jar^2のブログでも告知がありましたが、改めてご連絡します。

近藤隆雄さんは、外資系TOPを経験後、50歳を過ぎてからMBA留学をし、
イギリスでヨットマスターを取得し、一人大西洋を横断し、禅の修業を通して、
「21世紀の世界を生き抜く知恵のヒントは日本にあった」と説いている、和魂洋才の鉄人です。

それでいて温かい。
やはり、強い人は厳しく温かい。デカい。
声もデカい。
イタズラが好き。
還暦とは思えない、言動、体躯。

近藤さんは今、CLAの学生を3人連れて、
ビジネスとヨットの活動拠点である、スペイン領カナリア諸島へ行っています。

近藤さんは、日本を変革するチェンジ・リーダーを育てるべく、執筆、セミナー活動をされており、このブログではその模様を追っていきます。

一年以上かけて、本当に大切なことを近藤さんには教えて頂きました。

巷で語られていたものとは違う、新渡戸稲造の武士道とも異なる、「サムライ道」の本質を知りました。
日本人はやっぱサムライなんだなぁ。

サムライ。
そして、自然との調和。
僕もサーフィンをやっていて本当によかった。

このブログを通じて、色々なことが多くの方に伝われば、僕も嬉しいです。
ご本人、今は保護者ツアー中?なので更新頻度が落ちますが、乞う期待。

最近思うことがあります。
"濃い"年輪を重ねた方の言葉は重い。
若造がいくら背伸びしても届かない、原理原則を知っている。
そして、決して偉ぶらない。

こういう方と、同じ目線で語り合いたい。
そう思う気持ちこそが自分が成長する糧になる。
そう思います。
| おしらせ | 12:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>