Website Ribbon マーケティング | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010年マーケティング&ライフメモ
 
2010年12月30日。
もう一年が終わろうとしている中で、一年分の手帳を読み返すのが毎年の習慣。

毎日毎日、WEB、新聞、TVなどのメディアで気になったものや、単なる気づきなどをメモっている。
特に、自分が思わず買ってしまったものなどは、後から振り返って見て、マーケティング観点から、なぜそれを買ったのか?は必ず振り返ってメモを取っている。
これは自分がマーケティングを設計する際に、本当に助けになる。

で、見直してみた。

◆1Q(1〜3月)

とにかく、新たなトレンドやヒントを探している。
定番刷新商品が息を吹き返すのを見ていて、実は先を走るのではなく、既存のものの価値を見直すのが本当なのでは?みたいなメモがたくさん書いてある。

表参道のプロジェクトも色々あり、東北行脚にテストマーケにとにかくカオスな日々。

◆2Q(4〜6月)

小売り、特に百貨店関連のメモ多し。
デパートの売り上げが落ち続ける中で、奮闘する店もあり、デパートの本質的価値は何か?みたいなものを突き詰めるべくスタートした時期だった。
東武デパートが、店内ツアーをやったり、池袋西武のデパ地下がリニューアルして、駅ナカとの真っ向勝負が始まり、「イケセイキレイ」では店頭でのビジュアルプレゼンテーションを強化したり、高島屋がシャングリラホテルとアライアンス組んで、中国人対応を強化したりしていた。

自分は、やり方にこだわりすぎて、「あり方」を失いかけていたように思う。
ブルースリーの動画に救われる(笑)

しかし、ワールドカップを挟んだ時期のテストマーケの結果から、思わぬオファーが来て、やはり何より「動くこと」の大切さを再認識する。

レディーガガのライブにも圧倒されたなぁ。

◆3Q(7〜9月)

電子書籍とか、ソーシャルメディアとか、かなり盛り上がった時期。
グルーポンが台頭してきたのはこの頃。
世の中が新しいものに対して過熱気味で、当然自分も巻き込まれる。

しかし、かなり早い段階からトライアル&エラーをしていたので、焦りながらもどこか冷静でいられたのは収穫だった。

人生で初めてのパリに行った。アメリカには何度か行っていたが、初のおフランス。
街の汚さにビビって日本のスペシャルさを再認識するとともに、小手先が通用しない「本物感」を感じるには十分な体験だった。特にオーガニック料理などの日本では「先進的なもの」がコモディティ化した世界を見るのは新鮮だった。
それにしてもiphoneとfacebookの普及率はすごかったな。

この頃、これを見直していた。

◆4Q(10〜12月)

1〜3Qのまさに締めくくりみたいな状態だったように思う。
電気自動車が盛り上がった。
アメリカのテスラが、トヨタだのパナだのと全方位的にアライアンスを組み、ヤマダ電機とビックカメラでEVが売られることにまでなった。
もともと訪問販売がoriginのヤマダは、ビッグとは根本的に違う戦略だと思うのだが、ビッグはどうしていくつもりなのか。これはこの先が楽しみ。
あと、SNSにソーシャルゲーム。それにウィキリークス。
色々な意味でOPEN化とソーシャル化のしぶきが一気にまとまってきて、波になってきた印象を受けた。

ここで自分の思考は、1Qの頃に戻っていた。
次々と新しいものが生まれる中で、本質的な価値はなにか?ということ。
昔と今をブリッジするもの。
それが少し見えてきた。

ということで年末。

年頭所感の達成度は60〜70%くらいかな。
裁判官は自分、だ。

今年はブログをほとんど更新できなかった。
インプットにも、もっと時間を割きたかった。

お世話になっている方々に対しても、不義理を働いてしまったように思う。
時間というものは、自分でつくるものなのに。

それなのに、10月末に誕生日に、自宅を不法占拠頂くなど(笑)、、、、もう。本当に感謝の気持ちでいっぱい。

仲間と一緒じゃなかったら、こうやって振り返ることすらできなかった。
心底、有り難いことだと思った。

来年はさらにとんでもないことになるが、自分の使命を全うしたい。

必ず、そういう年に。
| マーケティング | 11:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
イギリス、LUSH(ラッシュ)のマーケティング手法
 今日の日経MJにイギリスのLUSHが躍進している記事がありました。
http://www.lushjapan.com/



簡単に言うと、

・商品開発、コンセプト、プロモーション、店頭訴求方法、VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の基本は、本国で
・接客(一部VMD)は日本で

開発といったところ。

「戦略」は本国流で、「戦術」は日本流で、いうもの。

かなりナルホドと思いました。

ローカライズがちゃんとできてる。

マーケティングに関わっている人間なら、なるほどね〜 と頭では誰でも理解すると思いますが、僕は、これを生で体験した感想を。

新宿駅西口から三丁目まで、雨に濡れずに地下を歩いて行けるのですが、その地下通路の途中にLUSHがあります。
決して立地は良いと言えません。
あと、新橋のWINGにもあります。これも同様。全然良い場所じゃない。

そこにひときわ、強い香りと笑顔の女のコが現れます。

最近その新宿地下の店を通ったとき、オレンジ色の巨大なゼリー(バスソープ?)をトレーにのっけて持っていた女性スタッフが、それを左右に揺らして店頭に立っていました。これまた笑顔で。目だつ感じで。

僕は多動児なので(笑)、一瞬にして目を奪われます。

と、すぐにそのコがそれをもって、タタタタと走りよって来て、一言。

「ちょっと触ってみてくださいっ」

とトレーの上の、ブルブルのゼリーを揺らします。

僕と相方は神楽坂のレストランを予約していて、やたらと急いでいたんですが、それにも関わらず、思わずすっと触る。

なんか、ここまで書いていて、読み方によってはすげぇエロいことに気づいた(笑)

すごいのが、その店員のコと僕らにかなり距離があったこと。
駅の構内みたいな通路にあるんですが、通路の真逆まで10mくらい小走りで来たわけです。

僕らは購入はしませんでしたが、
・興味を持ってみた人を見逃さない注意力と、
・一瞬にしてアテンションを奪うあのビジュアルプレゼンテーションの手法に参りました。

だって、今でもこんなに鮮明に覚えているわけですから。

一時期、バス用品を結構買っていたことがありましたが、店内に入ってからの接客もおもろいです。
賞品は基本的に香りが強く、好き嫌いはあると思いますが。

こうやってマーケティングの記事に取り上げられると、普段は五感で情緒的に感じて脳にストックしていたことを、左脳で形式知としてとらえることができるのですごくイイ感じです。

| マーケティング | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
マーケティング

消費者に聞くことが良いとは限らない。

フォーカスグループインタビュー(グルイン)なんて死ぬほどやったが、マーケットインにばかり傾倒するとロクな商品は作れない。

作り手が、全経験と全知識・知恵を総動員して気が遠くなるほど考え、まだ消費者が気づいていない価値を提供し、気づいてもらうか、これに尽きる。

ということはマーケターという人間自身の経験・知識・知恵とうその人を形成する「価値」が問われることになる。

僕の師匠は言った。

「マーケターとして一人前になるには、その前に人間として一人前になる必要がある」

渡された本は「リーダーシップの旅」だった。

昔書いたブログ。

「消費者はクリエイティブをつくれない」


常に考え、物事を見なければ。

| マーケティング | 12:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
激しすぎるメッセージ

「○○過ぎる」というキャッチコピーは、強烈なインパクトがある。

 

広告やマーケティングの世界では、「激安!」とか「圧倒的!」とか

こういう類の広告は、公取のチェックが厳しい。

 

その根拠は?比較対象は?

消費者を誤解させるのでは?

 

おっしゃる通りである、

 

でも、だからこそ、そういうエクストリームなメッセージは魅力的だ。

 

便利すぎるipad」

うますぎる朝食、Eggs’n things」(類似例 : “世界一の朝食”「bills」

気持ち良過ぎる、ツボ押しマッサージ」

 

結構、興味出ますよね?

 

極めつけがこれ。

 

「美人すぎる 市議会議員 藤川優里」

 

見てみたいと思わない男性陣はいないのでは?

 

いまブログなどの口コミの方が、企業の広告より人気があるのは、

ポジショントークが少なく、「信憑性がある」ことだけじゃなくて、

メッセージに対して、前述のような「広告規制がない」というのは大きいな、思ったわけです。

 

| マーケティング | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
裏側にある「思い」 


気づいたら、もう3月。

年頭に綴った思い。
「逃げず」に向き合えているだろうか。

微妙だなぁ。

でもこれは、人生のテーマだな。
心に留めておくだけで行動が変わる。

バンクーバーオリンピックは、最近でも特に心動かされたものとなった。
なんか、みんなこう言わない?
自分の人生のステージとも被っているせいなのか(つまり、年のせいか)分からないが、とにかく印象深かった。

1998年の、現地で見た長野オリンピックよりもずっと。

きっと、綺麗に結果が出なかったオリンピックだからかもしれない。

「記録よりも記憶」

とは改めて名言だ。

アスリートとは、人間とは、自分を鍛え上げるとは、そして「結果」とは。
深く考えさせられた。

昨年末から今年にかけて尊敬する知人・友人が次々と本を出版した。
どれも素晴らしい本だった。
紹介&詳細は追って。


最近、思ったこと。

知人の本は、内容もタイトルも「骨太」だった。

しかし、本・雑誌の"タイトル"や"コピー"などは、骨太よりも、キャッチーでミーハーなものが多い。

しかしそのコピーの裏側には、書き手の

「本当はミーハーなタイトルなんぞつけたくはないけれど、
 オレには本当に伝えたい思いがある。だから、まずはとにかく手に取って見てくれ!!」

という思いが隠れているものも多くある気がする。

「マーケティング」という職業も、あまねくこうである。

マスに訴えるには「手段を選ばない」。
これもまたプロフェッショナルのスタンスとして一家言ある。

でもね。

ストレートに、「思い」を「メッセージ」に乗せて、それを「多くの人」に「理解してもらえる」ということ。

これは究極のHAPPYだ。
| マーケティング | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ネット化が進むほど、泥臭いリアルが価値となる

twitterやfacebook(friendfeed)などの「リアルタイム・ウェブ」がどんどん進んでいくと、よりネット化が進み、世の中はバーチャルになっていくという意見がある。

確かに、至るところでチャカチャカとケータイをイジり倒してtwitterに投稿する姿は、「目の前のリアル」を犠牲にして、バーチャル(ネットの向こう側)に逃げているとも言える。

しかし一方で、「目の前のリアル」と「ネットの向こう側」とを繋いでいるのも事実。そして、その繋がりは、想像もつかないような面白い出来事やビジネスチャンスも生んでいる。

さらに、ベクトルを変えて、

「そのケータイをイジっている姿が美しいか否か」

と問われれば、
その答えは僕ならば、まちがいなく「NO」である。

・・・悩ましいねぇ(笑)

イジっているのが超スタイリッシュなケータイがあったら欲しい。
その意味ではi-phoneは機能よりも、この一点において価値があると思う。

⇒でも、softbankという最強の「踏み絵」を未だに踏めずに買えない自分(笑)

で、このようなウェブのリアルタイム化がどんどん進んでいくと
実は、ウェブの情報は極めてリアル世界と近くなる。

ネットで検索する情報は、過去のものではなく「いま」のものとなる。

---------------ここはちょっとマニアック-------------------------

これがいま噂の「リアルタイム検索」というもの。
最初はスMSのBingがプレスリリース、そして数時間後にGoogleもリリース
(現状では単に、twitterのつぶやきを検索するだけのような気もするが・・)

更にWEB3.0(笑)とか言われている(ほんとか?)「セマンティック検索」というのもある。(これが分かりやすいかな)
-----------------マニアックおわり---------------------------

いずれにせよ、WEBの世界は、すんごいスピード競争が起こっている。

で、このような本格的なネット社会へ突入すると、本当の競争優位性とか「価値」とかは何か?を考えたい。

クラウドとか、CGMとか、とかく「ネットの向こう側」ばかりが、もてはやされているが、実は全く違うと思う。
ベースは間違いなく「ネットの向こう側」に移るのは明白だけれども、それはやがてコモディティとなる。

そうなると価値はやはり「リアル」というか、「こっち側」だと思う。

現場の感覚を嗅ぎ分けられる嗅覚や、料理の味、場の雰囲気は、オンライン化できない。アタリマエ。

これはマイクロソフトにも言えることだが、彼らの価値は、googleを追いかけることではなく、「こちら側」を突き詰めることではないのだろうか?

WindowsもOfficeも快適。
みんな、絶対にしばらくは使うだろう。
キーボードタッチやマウスの技術だって、こちら側。

もはや「インフラ」だと思う。

ドコモがなぜ未だに一番かは、NTTだからでしょう。
(ドコモは、他のキャリアを真似している場合ではない)

Windows7の発売日に、Windowsの開発責任者スティーブン・シノフスキーが来日し、以下のように言っていたらしい。
(関係者である姉から聞いた)

「当然我々もクラウドコンピューティングには注目しています。
 でも、果たして"クラウド"に直接"USBメモリ"が差し込めますか?」


この言葉。
結構、いろいろなものを象徴していると思うんだよなぁ。

手触り、酒の味、場の雰囲気は、オンライン化できない。

エンツォ・フェラーリのデザインで有名な、世界のケン・オクヤマさんが確か、

『誰もが出来るようになり、
「分かってくる」からこそ、プロが「立つ」』


というようなことを講演で言われていた。

これは多分・・・

---------------------------------------
CGMのような、いわゆるWEB2.0が進行していくと、
「提供する側」と「される側」の垣根が曖昧になる。
ブログが書籍になったり、素人のつくった料理が商品化されたり、
確かにプロフェッショナルとアマチュアの垣根がなくなって来ている。
巷では、「プロが陳腐化する」とまで言われている。

が、これは実は大きな間違い。

アマチュアが簡単にモノを作るようになったからこそ、プロは技を問われるのだ。
---------------------------------------
(以上、自分のブログより引用)

ということだろうと僕は理解した。

言い換えると、

「誰もがネットにアクセスし、誰もがリアルタイムに情報を発信できる
 ようになると
逆に、現場の(リアルの)ことが分かる人間のみの価値が上がる」

のではないのだろうか。

いくらテクニックでアクセス数を上げたって、つまらん奴はつまらん。
いくらテクニックで本を売ったって、つまらん奴はつまらん。 (誰?(笑))
絶対にバレるのだ。
つーか、プロの新聞記者は、素人のブロガーに負けてる場合ではない。

結局はぐるぐる回っているな。

書いてて訳分からなくなってきたが、結局はバーチャル世界なんて存在しない。

あー、
大笑いしながら美味いもん食いたくなってきた。

そうだ、名店「S」に行こう。

| マーケティング | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
そろそろハイブリッドカーについて言っておこう(さいご)

最近のガソリン車は実燃費でハイブリッドを越えるものも出てきています。これ、なんだか反逆者のようで個人的には好きです。電気自動車でもなく、まさかガソリン車によって、ハイブリッドが劣勢に立たされるなんてことになるとむしろ面白い。しっかり見極めてよい買い物をしたいものです!


ご参照

http://controlyourdestiny.blog84.fc2.com/blog-date-200903.html

| マーケティング | 20:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
そろそろハイブリッドカーについて言っておこう(3)
 

ちなみに、プリウスVSインサイトと言われるが中身は全くの別物。ハイブリッドの機構も走りも全てが違う。完成度が高いのは明らかにプリウス。インサイトも今回が2代目。隠しているようにも見えるが(笑)実燃費は両車とも20キロ超がいいところ。実燃費と表示燃費が違うのは常識です。

| マーケティング | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
そろそろハイブリッドカーについて言っておこう(2)
 


プリウスのお陰で「ハイブリッドカー」という市場が創られていたので、ホンダは”製品価値”を伝える必要はなく「インサイト」という名前のみを”ブランド訴求”するだけでよかった。既にある市場に対して、単純に価格戦略を仕掛ければ効果は予測できる。典型的な後発者利益を享受した。

| マーケティング | 20:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
そろそろハイブリッドカーについて言っておこう
 
随分と間が空いてしまいました。
CLAのタグラグビーは文面にできないほど、泣けるほど、最高でした。
知人の選挙の出馬や、僕自身の勝負。
もう色々なことがありすぎて本当に毎日があっという間です。最高。

さて・・・!
プリウスが09年上半期に、ついにスズキのワゴンRを抜いて新車販売台数でTOPにたったそうです。
ご存知の通りあわせてホンダのインサイトも売れたわけですが、このハイブリッド車に誤解が多いように思います。
僕が思うところをtwitter風140文字で何回かに分けて書いてみようと思います。

今日は一発目。

っということでよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------------------------

そろそろハイブリッドカーについて言っておこう(1)


 タイトルは・・分かる方、笑ってください(笑)インサイトが売れたのはホンダのマーケティングの勝利だと日経MJなどに書いてある。ステップワゴンの頃から続く、ホンダお得意の「ポップで子供向けのプロモーション」が、見事にファミリー層にウケたのだという。これは真っ赤なウソ。(つづく)


------------------------------------------------------------------------------------------


| マーケティング | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/11PAGES | >>