Website Ribbon 備忘録 | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
外でメシを食い、酒を呑もう
東日本大震災が起こってちょうど一週間。

僕は東京にいますが、今やれること、をとにかくやっています。

・    仲間と協力して義援金まとめサイトの立ち上げ
・    いま所属しているところの、東北拠点への物資搬送支援
・    現地安否確認&被災地MAP作成
・    東北の地区本部機能停止に伴う代行業務
そして、当然ですが節電、不必要に車に乗らない、などなど。

もちろん全て必要なことだと思ってやっています。

でも、少し落ち着いてきた今に感じる、この違和感。

幸運にも、いま甚大な被災地から離れて生活できている僕らが本当にすべきこと・・・

それが、外でメシを食い、酒を呑もうってことじゃないんでしょうか。

誤解がないように言っておくと、要は、「経済活動を回そう」ってことです。

買占めをせず、不必要にガソリンを使わず、節電し、義援金を寄付し、
その上で、通常業務をできる限りこなし、経済活動に寄与する。
被災地から離れた僕らはこれをやったほうがいい。

なにもかもが「不謹慎」だと必要以上に巣ごもりし、節制をすることは経済を停滞させます。必要以上にビビって、仕事をしなければ、カネは滞ります。
企業が経済活動をできなければ、売上が上がらず、利益が上がらず、従業員に給料を払えなくなる。そしたら、家庭にお金がなくなる。買い占めたくてもできないよ。
アタリマエのことです。
カネは空から降ってこない。

すべてのものを「キャンセル」しちゃったら、それを受注していた企業はどうするの?

大企業はまだイイです。キャッシュに余力があるから。
(だから、大企業の社員は、カネが空から降ってくると思いがち)

中小企業は間違いなく・・・大変です。
死活問題です。

僕がこよなく愛する小さな料理屋さんも、お客さんが来なくて困っている。
食品を仕入れても、お客さんが来なければ無駄になる。
売上が上がらない。
もし継続ができなくなったら・・・困るのはお店の人はもちろん、そこを愛する僕らですよね。
そして、食品やガソリンを買い占める愚か者のせいで、本当に仕事に生活に必要なこういう人達の仕入れにも移動にも影響がでているわけです。
全て回りまわって自分に帰ってくるんです。

自分は間違いなく、「全体の一部」です。
すべてはつながっている。

為替や株式で儲けた人、よかったですね。
それが、「投機」でさえなければ、日本を買い支えたんでしょう。
合理的に考えれば、立派な経済活動です。
でも、それを行ったときの自分の心持ちが大事だと思います。
この状況下で、自分に恥じていなければいい、と思います。
まあ、人間「自分にだけ」はウソはつけないので、僕に言われるまでもなく、自身で分かっていることですよね。

サッカー選手が、「いまはサッカーなどしている場合じゃない」という台詞を言ってましたが、「じゃあ何をするの?」と思います。
君らがプロフェッショナルとしてやることはサッカーでしょう。
仮に直接的に被災地を勇気付ける行為にならなかったとしても、間接的に日本を活性化させ、支援にも繋がるでしょう。
野球選手も一緒。

もちろん、本当の本当にいま一刻を争う緊急事態に直面し、そこで実際に何かをやることができる立場であれば、全て別ですよ。
念のため・・・

「今」だからこそ、感じたことを書いてみました。

おちまさと氏のブログには激しく共感です
〜「不謹慎」とは何か〜
http://ameblo.jp/ochimasato/entry-10830934123.html

僕はいま、骨折して動けない母など、家族のケアを優先させてもらっていますが、こんな時だからこそ、可能な限り外食もなるべくしようと思います。
仕事は、もちろんです。
その一方で、被災地に直接支援できることを考え、実行しようと思います。

本当に、被災地の状況には・・・言葉がありません。
現地に知人が何人もいますが、彼らからの話はTVの何十倍も壮絶、そして凄惨です。
現地で戦っている人のためにも、人まかせにせず、僕らはやれることをやるべき。
僕らはみんな当事者です。

今回のことで、色々なものがリセットされてしまいました。

だからこそいま、僕らは「人として」本当に問われていると思います。
| 備忘録 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
October sessions
 

全力の日々を送っております。

倒れるなら、前に。という感じであります。

Twitterにはよく書いているのですが、どうもブログ不精になってしまっています。
やはり、放出するエネルギーには限りがある、ということでしょうか(笑)

この1ヶ月、このブログで何度も書いている、池袋の神の店「S」の社長交代劇があったり、
書ききれないほど色々なことがありました。

本当に、日々生き、生かされているという感じがします。

そして極めつけは、10/30。
なんと自宅で友人数人が不法占拠しているという、バースデーサプライズを受けました。

これ、ほんとびっくり。

だって・・普通にミーティングして、相方を実家に寄って、
のほほんと家に帰って、2Fのリビングに上がったら・・・

「イエーイ!!!」

ですよ。

一瞬、「は??」

です。

完全にありえません。

不法占拠です(笑)

狭い我が家に10人以上もひしめき合う状態で、本当に最高に幸せでした。

・・・ズルいなぁ。
その手があったか。という感じです。

マジでありえん。
幸せです。

本当にありがとうございました!!!

みなさん、ガンガンにFWしていくので覚悟していてください(笑)


毎年10〜11月は最高に調子が上がります。
更に回転数を上げていきます。

来年の中盤くらいには、おもろいことを起こす。
めがけて日々猛進中。

さあ、やったるで。




| 備忘録 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |


明日から渡仏です。

相方の叔父が、フランスを拠点に活動する舞踏カンパニー・山海塾の創始者:天児氏なんですが、その娘Leaの家と叔母さんの家にStayします。

イトコのLeaは日本人とフランス人とのハーフなんですが、ほぼフランス人。

昨年、我が家に2ヶ月居て、初めての花見やら初めてのサーフィンやら、初めてのアホ軍団(地元の愚弟)との遭遇やらで、楽しい日々を過ごしましたが、今回は逆パタン。楽しみ。

ほとんど何も決まっていない旅程なので、どうなることやら。

 

ちなみに、明日の朝発ちますが、まだ何も用意してません(笑)

TONYさんのイタリア旅行に負けないくらい楽しもう。

ってか、ミラノに寄って、TONYさんが行ったレストランまで行こっと。


もし帰ってこなかったら探さないでください(笑)
| 備忘録 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しい道


時間感覚というのは、本当に相対的でいい加減なものだ。
楽しいことをやっていれば時間の経つのは早い。

一方、同じ距離を歩いていても、初めて行く場所の「行き」と「帰り」では体感時間が全然違う。
当然「帰り」の方が早い。

経験に刷り込まれるからだ。

大人になると時間が経つのが早いのは、きっとこのせいだろう。

もったいない。

ということは、何か選択を迫られたとき、
常に新しいものを選べば、長い時間を経験できるということか。

これはいいぞ。

どうぜ同じ時間を生きるなら、
なるべく新しい道を選択しよう。

| 備忘録 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
些細なことからも逃げずにいこう
 
明けましておめでとうございます。

と言える最後の日かな?
今日で松の内も明け。
門松を下げ、七草粥を食べる日ですね。

 せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

子供のころ、今は亡き親父に暗記させられました。

本当に今年の正月の東京は天気がよかった。
素晴らしい青空、そして満月。
ホントにいい世の中だな、と心底思いました。

年末年始は、家族でゆっくりできて、すごくいい時間。ほんと安らいだなぁ。

そして相変わらず年末年始は波がなかった。しかしながら4日の初乗りSURF。
マイナス2℃のなかでの着替えは、死にそうになったものの
ばっちりいいポイントを見つけ、なかなか楽しめて幸先のよいスタートです。

さて、今日で仕事も4日目。
はやくも忙殺されていますが、今年は今まで以上にしっかりと優先順位をつけてやっていきます。
限られたリソースを有効に、当然、いま関わっている最重要事項に人生を賭けて行きます。

で・・・
それと関連して、年頭の目標。
というか"心がけ"。

色々と願掛けしたいことは沢山ありますが、
どうせすぐ忘れるし、達成したためしがないので(笑)ひとつだけ。

「逃げない」

これだけ。

これが目標。

今までも、心がけてきたつもりですが、より意識していこうと思います。

 ちょっとめんどくさくて躊躇したり
 ちょっと恥ずかしくて躊躇したり
 どうしても先送りしてしまうことがあったり 

そんなことは日常生活でたくさんあると思いますが、
そういうことから逃げないで行こうと思います。

・・・これって結構大変なことだと思います。

もちろん100%全てが全てできるとは思っていません。
そんなことやってたら破綻する。

でも、自分の中で「決め事」をもち、それはしっかり守って行こう、と思います。

今年も素晴らしき仲間と、よりよい世の中にするために、真剣に生きていく。

Where there is a will, there is a way.
- We are "Euphoria".




| 備忘録 | 12:00 | comments(5) | trackbacks(0) |
ただ、ありがとう  from 2009 to 2010

あと数時間で2009年も終わりです。

本当にあっと言う間。

 

今年は、自分としては大きく一歩を踏み出した年でした。

一歩前に進んでみて感じたことは、ただもう・・感謝でした。

 

本当に、人のご縁に恵まれ、思いを語り、杯を酌み交わし、魂を共鳴させ、体力を削り(笑)、そして実際に行動した。

本当に、本当に、本当に、お蔭様でどうにかこうにか今日まで歩いてこれました。

 

さらに、10年〜20年前からやってきたことがここにきて急激に「繋がる」ということを認識した年でもありました。

全ての「過去」は「今」に繋がる、そして全ての「今」は「未来」へと繋がる、ということを完全に実感できたのが今年です。

今までの「点」のどこか1つでも欠けても今はなかった。

そんなこんなで、やっとスタート地点に立てた気がします。

 

今年は、なんだか魂を震わせて、何度も泣いた気がします。

 

Extremeを、端っこを知らないとダメ。

 

これは昔から心がけていることです。

 

知覧にも行ったし、はじめて友人の選挙活動を手伝った。

一方でテキーラを年間で50本は飲んだし、パーティーも数十回?

奈良でエナちゃんの式の司会をHassyとやったなぁ(笑)

最高に楽しかった。

そしてやはりこの男は天才だった。(地球人ではないが(笑))

 

いろいろありましたが、日本人として誇りをやっと取り戻した気がします。

 

年末近くにあまりにも体力を削ったせいか、著しく体調を崩しました。

こんな状況で支えてくれた相方には本当に感謝しかありません。ありがとう。

 

さて、もうすぐ2010年。

僕は、来年は「価値復権」の年になるだろう、いやなって欲しいと思っています。

 

PB、ファストファッション、アウトレット、300円立ち飲み屋、餃子の王将….

 

とにかく今年は「安くない」と売れなかった。

いや、逆に言うと「安く」すれば売れた。

 

良いものを安く、というのは最高に嬉しいし、素晴らしいことです。

「これって実はもっと安くできるんじゃないの?」

ということに気づかせてくれた年。

 

価値のないものを高い価格で売っていた店は軒並みやられました。

 

この煽りを最もくらったのが、百貨店じゃないでしょうか。

 

でも、一方で今年はあまりマーケティングが機能していなかった年だったんじゃないかと思います。

ちゃんと価値を伝えられたのだろうか?

 

乱暴な言い方をすると、不景気なんて、集合無意識のカタマリ、集団心理の賜物ですから、きちんと価値あるものが見直されれば流れは変わりますよね。

 

今年がスクリーニングの年だったとすれば、来年こそが価値勝負。

先のことなど分かりませんが、それに挑んで行きたいと思います。

どんどんリアルタイムな世の中になるし、もう待ったなし。やったるぜ!

何度も杯を乾かしたみなさん、お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。

来年も最高にエキサイティングな年にしましょう!!


<今年最後の曲はこれ!>

 

 

| 備忘録 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
表参道
091215_1723~01.jpg
イルミネーションはやはりキレイ。こういうの見ると冬も悪くないなと思う。とにかくすごい人出です。
| 備忘録 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

とにかくすんごい日々を過ごしています。

もう毎日がジェットコースター。
急激に渦が回り、どんどん大きく、そして早くなっていくイメージ。

考えに考えた。
でも動かなければ分からないことばかりだった。

動いた。
やはり予想もつかないほど面白い展開になった。

でも・・・ここでもう一歩考える。

やはりブレイクスルーが必要だ。

この繰り返しなんだろうな。

呑んでいる。とにかく。
美味いもんも、食っている。とにかく。
ほぼ毎週、波にも乗っている。とにかく。
とにかく(笑)、あまり寝れていない。

It's "Euphoria"

| 備忘録 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
文字通りのサプライズ!!


まず思ったこと。

「は?なにこれ?」

次に思ったこと。

「やられた・・・」

その次に思ったこと。

「いま思えば、確かに・・・」

10/31のハロウィンに、無事にひとつ年をとることができました。

その前々日、打合せで僕の15年来の友人ミラン(ネパール人)のBAR@赤坂へ。
Hassyとタリーズで待ち合わせ。
いま思うと、なぜかソワソワしているHassy.
ふと後ろを振り返るとハリセンボンの細い方(箕輪はるか)が。
おぉ、原因はこれか?(笑)

ちょこっと話をして、いざ店へ。
とあるサービスのデモが目的。
更に、ミランが結婚するため2ヶ月ネパールへ帰るので、挨拶などなど。

入店する、やけに店が込んでいる。
珍しい(笑)

その瞬間、

爆発音?!

クラッカーやら大声やらで・・・


「ハッピーバースデー!!!!!」


は!?

(この間 多分3秒くらい 体感15秒くらい)

やられた・・・・

約30人くらいの、知った面々・・・
超久しぶりな人まで。
あと、相方も。

なんてこった。。(笑)

あれよあれよという間にケーキへダイブ。
テキーラ5杯くらいイッキ。

でもって、更にテキーラ5杯。

で、ケーキへもう一回ダイブ。

その顔でみんなへハグ(笑)
ある意味地獄絵図ですが、ぼくにとっては天国絵図。

顔を拭いていると、なんか赤いものが。

ん?
額から血が出ている。

ケーキで怪我をするなんて、なんておいしい。

これから、誰かを死ぬほどdisるときは、
「ケーキの角にアタマぶつけて死んじまえ!」
と言うことにします。

ありがとう。RIEZO(笑)

更に、突如現れたベリーダンサー。

彼女は同級生の妹。
華麗なサプライズダンス。

<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/NRcMUGcKIh8&hl=ja&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/NRcMUGcKIh8&hl=ja&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

http://www.youtube.com/watch?v=NRcMUGcKIh8

(みぽりん、UPありがと)

手が凝んでやがるなぁ(笑)
くそー。マジでやられた。

そのあとはもうメチャクチャ。

バーカウンターで数年ぶりに火を吹きました。

その後何時までやったのか、、
マイケルで踊りまくり、飲みまくり、
かなり記憶が曖昧。

その後、朝方にTTM(坦々麺)を食べたらしいがほぼ記憶なし。
紹興酒は飲んだ。確かに飲んだ。
テキーラ飲んで、ボンバー飲んで、ワイン飲んで、シャンパン飲んで、
そのあとに紹興酒飲んだ。
家に帰ったのは朝7時くらい?

上着やら断片的な記憶やら、色々なものを亡くしましたが、
うれしさと感動と驚きと興奮は、忘れておりません。

もう、ずるいよー(笑)
やりすぎです。ほんと。


シアワセです。

ほんっとにありがとうございました!!!!!


PS
赤坂隠れ家BAR 「CARNIVAL」
ミランは年末まで留守ですが、
共同経営者のロビンと、更に、ヘッドバーテンダーのAmi(あみ)ちゃんが毎日入っています。
彼女はコンテストに出たくらいの腕前なのでぜひビールだけでなくカクテルもご賞味を。
女性スタッフばかりだからだって、邪(よこしま)な気持ちで行かないでね、ホンコンさん。

| 備忘録 | 12:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
正義は勝つ
 
報告が遅くなりました。

千葉市議、田沼隆志が誕生しました。

僕もたった2回ですが、選挙区の稲毛まで応援に行き、
最終日、文字通り声が枯れるまで最後の訴えをしていた彼を目の前で見ました。

議席数:2に対して8人が立候補。
大方の予想は、いま、飛ぶ鳥を落とす勢い、何を言っても許されそうな勢いの民主党が推す、公認候補一人は確実。
そしてもう一人、同じく民主党の後押しがある女性候補がいました。

このなか、田沼氏は完全なる無所属。

組織のバックアップなく、志だけでボランティアスタッフをあつめ、そして、ぶっちぎりの得票数を集めました。
まったくもって潔いまでのTOP当選です。

何年も駅立ちをして、そこで通りすぎる、恐らく100人にたった一人だけの心を動かすということを400日近く繰り返した結果です。

僕がいたときも、カラまれたりもしました。

「無所属とか言って、お前ら自民党だろ?」
「じゃぁ、なんでこんなに応援してる奴らが立ってるんだよ?」と。

これ。
これです。
100%無所属なのに、応援する人の多いこと。
ともすれば、怪しいとさえ思わせる、それくらい応援者を集めることができたのが、「田沼隆志の出馬」です。
組織が担ぎ上げた候補ではなく、
本人の意思で、きちんとした「戦略コンサルのバックグラウンド」と「志」の両輪をもった政治家が、誕生した。
これは日本にとってまちがいなくプラス。

真面目に、正義は勝つ、と思いました。

よく小手先で、人の応援だのなんだの、私心を覆い隠すために言ってる人がいるでしょう?
それにテクニックを駆使する。

正直、甘いと思います。

本気の人たちが私心を捨てないと、こんなこと起こるわけもない。

一方で、逆説的ではありますが、マーケティングのテクニックの重要さも再認識したできごとでもありました。
twitterの威力もね。

ここからが本番。
しがらみだらけの政治の世界を、彼がどう戦っていくのか。
彼は、国政に行く人間です。
さぁ、ここから。

この場を借りて、千葉県在住の方、呼びかけに応じてくださった方に、心から御礼申し上げます。
| 備忘録 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/16PAGES | >>