Website Ribbon デザインに多数決はありえない 〜奥山清行氏講演録(1)〜 | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
<< 07年も半年を終えて | main | プロとアマチュアの違い  〜奥山清行氏講演録(2)〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
デザインに多数決はありえない 〜奥山清行氏講演録(1)〜
土曜日、名古屋在住イタリア系不動産王のはまさんにお誘い頂き、かのエンツォ・フェラ−リ、マセラティ・クアトロポルテのデザインを手がけた奥山清行さんの講演へ。


自動車にかかわる仕事をする者にとってエンツォ・フェラーリは特に憧れの的ではないだろうか。
僕も展示会の自社ブースで、幸運にもコクピットに座ったことがあるが、あれはもう自動車ではい。



もっと攻撃的な、そう・・・・戦闘機。
空を飛んでいないだけでこれは戦闘機なのだ。



奥山さんのお話で出たが、最高速が350キロを超えてしまうような車は、実は、「飛ばさない」方が難しいという。
最高峰のレースの世界で、車が宙を舞ってしまう事故を見たことがある人は分かると思うが、あれが現実。
飛行機を作るよりも難しい技術とまで言われているそうだ。

っというわけで、とっても楽しみにしていて迎えた七夕の土曜日。
朝一、千葉は東浪見ビーチで波乗りし、仮眠を取って、はまさんとの待ち合わせ。

講演場所はムサビ(武蔵野美術大学)@小平。
なぜ小平のような辺鄙な場所でやるかというと、

それは、

「奥山さんがムサビ出身だから!」

僕は全然知らなかった・・・です(笑)


奥山さんの話は、すさまじかった。

"突き抜けている人"に共通していることは、もはや自分の専門領域を超えているということ。

・日本とは
・ものづくりとは
・プロとアマとの違いとは


そして

・クリエイティブとは何か


まで話は及ぶ。


以下、順番に。


●エンツォフェラーリ

・「需要よりも1台少なく作れ」

というエンツォの言葉どおり、生産された台数は349台。
(奥山さんは349台と言われていたが、最終的には399台だったと記憶している)

ジュネーブのショーで発表した瞬間に受注が入り、手付け(7700万の半額)を入れる客が多数。
2年後の発売まで、それが開発経費になってしまう。
それがたった3000人しか社員のいない、フェラーリの強さ。
トヨタ、GMに比べたら中小企業。


・エンツォのメッセージ

喜怒哀楽が少なく、生ぬるくなって来た現在(いま)だからこそ訴えたいのは「暴力性」。
最高時速360キロは、その象徴。
フェラーリの赤はブラッディ・レッド(血の赤)である。
そういう「物語」こそがブランドをつくる。
ブランド=ソサエティ。
普段は、安い給料で質素な生活を送っているのに、30万円もするような毛皮のコートを買ってしまうイタリア人。
彼らには日本人と同じ「匠の血」が流れている。


・素材

この話、僕的にはかなりツボでした。

デザインモデル(モックアップ)は、通常、木で作る。
モックは、「木型」とも言う。
フェラーリは違う。
エポウッド(エポキシ樹脂)で作る。

なぜか?








モックを「限りなくホンモノ」に近づけるためである。

車は堅いもの。
「堅い車」のモックは、「堅い素材」で作らないとダメ。
それを木で作ると、なんとも表現しがたい違和感を感じると言う。

一見すると当たり前に聞こえるかもしれないが、それがすごいのだ。

簡単なことではない、コストも跳ね上がるし、何よりも、技術が問われる。

ハンパな技術ではない。
更に、高度な技術が問われるのにも関らず、これをわずか数日で仕上げてしまう。
世界の、いや、日本の最新の技術を使っても2週間はかかる。
手作業のすさまじさ。

それを可能にするのが、ミケランジェロ、ダ・ヴィンチの子孫であるイタリア職人なのだ。

奥山さん曰く

ここが日本車とイタ車のデザインの違いだと。

線と面」という、言わば2次元のデザインが日本車。
それに「カタマリ感」が加わったものがイタリア車。

そのoriginになっているのは、モックの作り方に大きく起因するのだろう。

・最後に、エンツォのエピソードを。

2年間のデザインコンセプト開発期間を経て、何度もフェラーリ社にプレゼンしたが、承認が降りなかった。
そして最後のプレゼン。
これが失敗したら受注を逃すだろうという日が訪れる。
渾身のモック。しかしなぜか違和感を感じる奥山氏。

プレゼンは失敗した。

フェラーリ社 社長が帰るのをサンドイッチで半ば強引に15分引き留め、
その間に奥山氏が書き上げたスケッチがある。
奥山氏の中に2年間溜まっていたものを一気に吐き出したものだ。

「やればできるじゃん」

これが、今のエンツォのデザインの原型となる。

奥山氏の所属するデザイン工房ピニファリーナはめでたく受注となるわけだが、その後も試行錯誤は続き、最後は多数決に。
30対3で、奥山氏が推すデザインは敗北。
そこで、ダイレクターのジャッジメントが下る。

「デザインに多数決はありえない」

こうしてできたものがエンツォ・フェラーリなのである。

でも、これってデザインだけの話ではないと思う。
この「乱」の時代、人と同じことをやっていてはダメなのだと思う。

「多数決」を跳ね返せるだけの、知識・経験・・・そして一番大事なのが、それに裏付けられた「直感」。

<つづく>
| 本・セミナー・学び | 23:59 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
まってました。

エンツォは、マジかっこいいなぁ。
| はま | 2007/07/10 5:12 PM |
はまさん

先日はありがとうございました。

すみません、お待たせしました。
話が深くて、文章にするのに時間がかかっちゃいました。

エンツォはやっぱすごいですよね。
でもビアンコ・フジも普通じゃないですよ。

引き続きUPします!
| Mac | 2007/07/10 5:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mac-miyata.jugem.jp/trackback/345
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/19 9:12 PM |