Website Ribbon 寿司といふもの | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
<< 停滞期だからこそ爪を研ぐ | main | 踊らされるか、自ら踊るか。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
寿司といふもの
寿司という食べ物は不思議なもので、その名の通り非常にめでたく、幸せな食べ物だなと思う。

汐留にある寿司屋を少しお手伝いをしているんですが、自分がお客さんとして行くと、当然 他のお客さんの反応が気になるわけです。

カウンターの端に座って、店内全体を見る。

ふと気づいたことは、寿司を受け取るお客さんが、その瞬間に笑顔になっているということ。
しかもほぼ100%。

寿司職人はすばらしい。
小手先ではなく、体ひとつ、体全体で勝負している。
田中靖浩さんの言うところの彼らの「職業」もまた、もしかしたら「表現者」なのだろうか。
カウンターの中は、昼時の超多忙で真剣そのもの。
対照的なカウンターの外の笑顔。

このコントラストを見ていて、なぜだかありえないくらいの幸福感に包まれた。

オープン直後のドタバタも少しずつ落着いてきた様子。

ランチだったが、アノ値段でアレはサイコーです。
金沢の職人が握る、金沢の食材を中心に使った、金沢加賀前寿司。
いま流行の神魚(のど黒)や白海老が北陸に行かずとも味わえます。
かしこまった寿司屋ではなく、カジュアルな雰囲気。

課題もたくさん。HP等もまだありません。
酒のメニューも僕的にはもっともっと。
でも、誤解を恐れずに言うならば、客の立場(消費者)としても育てたい、いや、一緒に育って行きたいお店。
名店Sのようになったら最高だな。
でも本音は、安心価格で通える、価値>価格のなじみの寿司屋が欲しい・・・(笑)

改めてご案内しますが、ぜひ行ってみて欲しいお店です。

■金沢 すし魂 神魚(のどぐろ)亭
 汐留シティセンター 2F
 03-6431-8681 

PS
出てきただけで笑顔になるという点では、焼肉もそう。
やっぱり日本人にとって寿司・焼肉というのはいつの時代も一番のご馳走。
マクロビも大好きになったけど、やっぱりこの笑顔には勝てないかな?
| 気づき | 18:35 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:35 | - | - |
コメント
うあーお寿司おいしそうですね。
今度入ってみます。
| かつ | 2007/12/14 8:32 PM |
あはは、Macちゃん、そりゃそうだ。
焼肉と寿司は永遠なり。そこ今度お邪魔させてもらいます。
ちなみに、マクロビはベジタリアンではないので、肉魚を禁じてはいないよ。食う機会を減らした方が健康になるよってだけで。むしろ、マクロビの真髄は、体調に合わせて体を冷やすもの暖めるものを食い分けろ、とか、そういう点にあるみたい。
青山店で肉魚や単糖類を控えているのは、みんな他で食ってるだろうから。上原店は肉魚のメニューもあります。これまた、こだわりのええもの出すんだよ。雰囲気も全然違うんで、今度上原にも行こうよ!
| muta | 2007/12/15 1:07 PM |
かつさん

ありがとうございます。
まだまだこれからの店ですが、ぜひ!
| Mac | 2007/12/17 6:57 PM |
マクロビマスターmutaさん

どもです。
我やのマクロビで体調復活した実績があるので、完全ハマってます(笑)
マクロビすぎないスタイルが好き。
上原店もぜひ連れてってください!


| Mac | 2007/12/17 6:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mac-miyata.jugem.jp/trackback/397
トラックバック