Website Ribbon 人間の業を肯定する | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
<< プロフェッショナル・仕事の流儀 | main | 自然の意図 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人間の業を肯定する
のが「落語」だということは、名著「赤めだか」のなかの立川談志のセリフから教わりました。

人間、かっこいいだけのヤツなんていないし、
みんなクソして寝るし、ケツも掻くし、
家族や、ましてや奥さんのことを褒めるのは苦手なもんです。

女好きの男、
男好きの女、
女になりたい男、
男になりたい女、

いつの時代もそんな輩はいるもので
それこそが「業」であり、それを受け入れのも受け入れないのも社会。

初めて聞いた柳屋喬太郎の落語。

志の輔師匠が「剛」であるならば、喬太郎は「柔」。

とにかくスベっていた前座。
落語中に起こった突然の地震。

台本にないことが起こったとき、演者の本当の力量が問われる。

それをただ流すのか、
受け入れるのか、
それを力に変えるのか。

今回、ご一緒させて頂いた田中靖浩さんプロデュースの元、とんでもないイベントが企画されていて、そのトリに喬太郎さんが出るとのコトでしたが、意味がよ〜〜〜く分かりました。
あの「受け」はすごい。
将棋で言う「受け師」といったところでしょうか。

12/1
「まぜるな危険」
〜男たちの起承転結〜

起:立川志の吉(立川流二ツ目)
承:御立尚資(ボストンコンサルティング日本、代表)
転:田中靖浩(芸人系公認会計士)
結:柳屋喬太郎

これでやっと4人全員の話を聞くことができ、この起承転結の意味が分かった。
BCGの御立さんも無類の落語好き。

これは、2008年を締めくくるイベントになりそうです。

チケットは9/20から発売。
かぁちゃん質に入れてでも来ないと、一生後悔しそうです。
ねぇアデランスの中野さん。


PS

喬太郎落語の後は、二丁目のおかまバーへ。

・・・深い。

性の世界は複雑で深いのです。

ここも業のカタマリで、落語です。

| 備忘録 | 12:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - |
コメント
はい 絶対行きます!!
楽しみにしてますぅ
| Nemo | 2008/08/26 6:05 PM |
Nemoちゃん

どーも!
かぁちゃん質に入れてでも行かないと(しつこい?)
後悔しますよん!
| Mac | 2008/08/27 10:03 AM |
>かぁちゃん質に入れてでも行かないと

質に入れれる、かぁちゃんだといいのですが、
昼間、ジムに行くと
産業廃棄物で、逆にお金支払わないといけない
かぁちゃんも、多いですよ(笑)。
| はま | 2008/08/27 7:09 PM |

はまさん


なるほど・・・(笑)

つまり、入れられるかぁちゃんを持っている人は幸せだと・・・

アデランスの中野さんからここまで深い示唆が得られたことに感謝です。
| Mac | 2008/08/29 3:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mac-miyata.jugem.jp/trackback/470
トラックバック