Website Ribbon 風の街 | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
<< リアリティ | main | Real >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
風の街
9月のある日。
秋めいてきたと思ったら、都内は曇天で蒸し暑い。
天気予報は雨。

車を一路湘南へ走らせる。
とある視察のためだ。
第三京浜を抜け、40キロほど走った先にある湘南は、30度を越える真夏が残っていた。

朝は辻堂でサーフ。
その後、patagonia日本本社を含む3箇所を訪問。
やはりこの企業、普通ではない。エッジが立っている。
もう一社もまた、ご無理をお願いし・・・本当にありがたい。
ここのエッジも、、異常なほどに凄い。
3箇所目は、築70年以上の日本家屋を改造したスペース。
網戸もクーラーもないが、快適。
「場」が与える空気感というものは、理屈では語れない。
その場を切り盛りするのもまた、魅力的な「人」。
“コミュニティ”と言い放ってしまえば今風なのだが、しくみだけではなく、圧倒的な「人」のパワーが介在せねば、そこに息吹は感じられない。結果、無機質なものになってしまう。

この日、都内も30度以上の猛暑日になったらしい。
しかしながら、鎌倉は本当に「風」が気持ちよかった。

鶴岡八幡宮を越え、少し山の奥へ行く。
海からの風が参堂をくぐり抜け、八幡宮を抜け、山へ抜ける。
夕刻、後醍醐天皇の皇子である護良親王を祀った鎌倉宮の境内にて、しばし立ち話。
木々を揺らす少し強めの風が、ざわーっと吹いてきて、僕らを通りすぎる。
信じられないほど爽快な風。

あぁ、どこかに似ているな、と思った。

ハワイだ。

6月、「ハレクラニ」という最高級のホテルに初めて泊まった。
正直、ファシリティは普通。
しかしこのホテルの価値はそこでない。
「風」である。
部屋、ロビー、レストラン、ラウンジ、レセプション、どこにいても海からの風がどうしようもなく気持ちよく抜ける。僕らはこの設計、この「風」にお金を払っているのだと知る。

再び戻って鎌倉。
この街に魅せられて、東京から移り住む人が増えている。
南方向へ開けた海、そして何よりも「風」。

分かった。

気持ちの良い場所っていうのは、気持ちの良い風が通る場所なんじゃないだろうか。

多分、それは肌で感じる物質的な「風」だけでなく、なにか「気の流れ」のようなものでも良いのかもしれない。

これまた大きなヒントになる気がする。
| 気づき | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mac-miyata.jugem.jp/trackback/476
トラックバック