Website Ribbon そろそろハイブリッドカーについて言っておこう(さいご) | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
<< そろそろハイブリッドカーについて言っておこう(3) | main | Message from kanarias >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
そろそろハイブリッドカーについて言っておこう(さいご)

最近のガソリン車は実燃費でハイブリッドを越えるものも出てきています。これ、なんだか反逆者のようで個人的には好きです。電気自動車でもなく、まさかガソリン車によって、ハイブリッドが劣勢に立たされるなんてことになるとむしろ面白い。しっかり見極めてよい買い物をしたいものです!


ご参照

http://controlyourdestiny.blog84.fc2.com/blog-date-200903.html

| マーケティング | 20:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - |
コメント
突然失礼致します。
貴ブログでいつも勉強させて頂いております。
「インサイト」に関するお話、目から鱗です。
正直驚きました。
エスタブリッシュ・メディアの情報を鵜呑みにしてたら、何も見えなくなるんですねえ。


| la chino | 2009/10/11 6:48 PM |
la chinoさま

こんなに遅いレスポンスでごめんなさい。
コメントありがとうございました。
特にマーケティングやプロモーションの世界は、常に裏があると思った方がよいくらい、本当にいい加減なことばかりです(笑)
「売れればいい」「あたればいい」というのが企業の正直な声だと思いますが、それでいて肝心の中身(商品)がダメであればボロが出るし(当時のSONY)、本気ならば価値は必ず伝わると思います。でも、手法は必要ですが。

だからこそ、逆にホンモノが際立つのかもしれませんね。楽しみです。
| Mac | 2009/10/21 10:44 AM |
こちらこそレスポンス・更なる詳説を頂き、恐縮です。

>本当にいい加減なことばかりです(笑)
裏を感じさせないくらい巧妙に騙されるのって、個人的には気持ちいいです。(かなりM入ってます。笑)

バンコクで3代目ロードスターを何度か見かけた時には、「国境を越えてもコアなファンがいるんだなあ」と痛感しました。(タイでは古い日本車のマニアが結構いらっしゃいます)

下請けから安易に利益収奪することを『生産技術』と勘違いしてるメーカーの製品には、作り手の『こだわり』を感じることは少ないですよねえ。

長々と失礼致しました
| la chino | 2009/10/24 10:40 AM |
la chinoさま

度々ありがとうございます。

>裏を感じさせないくらい巧妙に騙されるのって、個人的には気持ちいいです。(かなりM入ってます。笑)

この部分は深く共感します(笑)

クルマ・酒・タバコ(あと香水とか一部の化粧品など)のマーケティングは僕は個人的には一緒だと思っていて、「セクシーかどうか」だけが実は決め手なのだと思っています。
| Mac | 2009/10/26 12:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mac-miyata.jugem.jp/trackback/558
トラックバック