Website Ribbon 正義は勝つ | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
<< 選挙演説 | main | 文字通りのサプライズ!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
正義は勝つ
 
報告が遅くなりました。

千葉市議、田沼隆志が誕生しました。

僕もたった2回ですが、選挙区の稲毛まで応援に行き、
最終日、文字通り声が枯れるまで最後の訴えをしていた彼を目の前で見ました。

議席数:2に対して8人が立候補。
大方の予想は、いま、飛ぶ鳥を落とす勢い、何を言っても許されそうな勢いの民主党が推す、公認候補一人は確実。
そしてもう一人、同じく民主党の後押しがある女性候補がいました。

このなか、田沼氏は完全なる無所属。

組織のバックアップなく、志だけでボランティアスタッフをあつめ、そして、ぶっちぎりの得票数を集めました。
まったくもって潔いまでのTOP当選です。

何年も駅立ちをして、そこで通りすぎる、恐らく100人にたった一人だけの心を動かすということを400日近く繰り返した結果です。

僕がいたときも、カラまれたりもしました。

「無所属とか言って、お前ら自民党だろ?」
「じゃぁ、なんでこんなに応援してる奴らが立ってるんだよ?」と。

これ。
これです。
100%無所属なのに、応援する人の多いこと。
ともすれば、怪しいとさえ思わせる、それくらい応援者を集めることができたのが、「田沼隆志の出馬」です。
組織が担ぎ上げた候補ではなく、
本人の意思で、きちんとした「戦略コンサルのバックグラウンド」と「志」の両輪をもった政治家が、誕生した。
これは日本にとってまちがいなくプラス。

真面目に、正義は勝つ、と思いました。

よく小手先で、人の応援だのなんだの、私心を覆い隠すために言ってる人がいるでしょう?
それにテクニックを駆使する。

正直、甘いと思います。

本気の人たちが私心を捨てないと、こんなこと起こるわけもない。

一方で、逆説的ではありますが、マーケティングのテクニックの重要さも再認識したできごとでもありました。
twitterの威力もね。

ここからが本番。
しがらみだらけの政治の世界を、彼がどう戦っていくのか。
彼は、国政に行く人間です。
さぁ、ここから。

この場を借りて、千葉県在住の方、呼びかけに応じてくださった方に、心から御礼申し上げます。
| 備忘録 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mac-miyata.jugem.jp/trackback/561
トラックバック