Website Ribbon ネット化が進むほど、泥臭いリアルが価値となる | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
<< 文字通りのサプライズ!! | main | no title >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ネット化が進むほど、泥臭いリアルが価値となる

twitterやfacebook(friendfeed)などの「リアルタイム・ウェブ」がどんどん進んでいくと、よりネット化が進み、世の中はバーチャルになっていくという意見がある。

確かに、至るところでチャカチャカとケータイをイジり倒してtwitterに投稿する姿は、「目の前のリアル」を犠牲にして、バーチャル(ネットの向こう側)に逃げているとも言える。

しかし一方で、「目の前のリアル」と「ネットの向こう側」とを繋いでいるのも事実。そして、その繋がりは、想像もつかないような面白い出来事やビジネスチャンスも生んでいる。

さらに、ベクトルを変えて、

「そのケータイをイジっている姿が美しいか否か」

と問われれば、
その答えは僕ならば、まちがいなく「NO」である。

・・・悩ましいねぇ(笑)

イジっているのが超スタイリッシュなケータイがあったら欲しい。
その意味ではi-phoneは機能よりも、この一点において価値があると思う。

⇒でも、softbankという最強の「踏み絵」を未だに踏めずに買えない自分(笑)

で、このようなウェブのリアルタイム化がどんどん進んでいくと
実は、ウェブの情報は極めてリアル世界と近くなる。

ネットで検索する情報は、過去のものではなく「いま」のものとなる。

---------------ここはちょっとマニアック-------------------------

これがいま噂の「リアルタイム検索」というもの。
最初はスMSのBingがプレスリリース、そして数時間後にGoogleもリリース
(現状では単に、twitterのつぶやきを検索するだけのような気もするが・・)

更にWEB3.0(笑)とか言われている(ほんとか?)「セマンティック検索」というのもある。(これが分かりやすいかな)
-----------------マニアックおわり---------------------------

いずれにせよ、WEBの世界は、すんごいスピード競争が起こっている。

で、このような本格的なネット社会へ突入すると、本当の競争優位性とか「価値」とかは何か?を考えたい。

クラウドとか、CGMとか、とかく「ネットの向こう側」ばかりが、もてはやされているが、実は全く違うと思う。
ベースは間違いなく「ネットの向こう側」に移るのは明白だけれども、それはやがてコモディティとなる。

そうなると価値はやはり「リアル」というか、「こっち側」だと思う。

現場の感覚を嗅ぎ分けられる嗅覚や、料理の味、場の雰囲気は、オンライン化できない。アタリマエ。

これはマイクロソフトにも言えることだが、彼らの価値は、googleを追いかけることではなく、「こちら側」を突き詰めることではないのだろうか?

WindowsもOfficeも快適。
みんな、絶対にしばらくは使うだろう。
キーボードタッチやマウスの技術だって、こちら側。

もはや「インフラ」だと思う。

ドコモがなぜ未だに一番かは、NTTだからでしょう。
(ドコモは、他のキャリアを真似している場合ではない)

Windows7の発売日に、Windowsの開発責任者スティーブン・シノフスキーが来日し、以下のように言っていたらしい。
(関係者である姉から聞いた)

「当然我々もクラウドコンピューティングには注目しています。
 でも、果たして"クラウド"に直接"USBメモリ"が差し込めますか?」


この言葉。
結構、いろいろなものを象徴していると思うんだよなぁ。

手触り、酒の味、場の雰囲気は、オンライン化できない。

エンツォ・フェラーリのデザインで有名な、世界のケン・オクヤマさんが確か、

『誰もが出来るようになり、
「分かってくる」からこそ、プロが「立つ」』


というようなことを講演で言われていた。

これは多分・・・

---------------------------------------
CGMのような、いわゆるWEB2.0が進行していくと、
「提供する側」と「される側」の垣根が曖昧になる。
ブログが書籍になったり、素人のつくった料理が商品化されたり、
確かにプロフェッショナルとアマチュアの垣根がなくなって来ている。
巷では、「プロが陳腐化する」とまで言われている。

が、これは実は大きな間違い。

アマチュアが簡単にモノを作るようになったからこそ、プロは技を問われるのだ。
---------------------------------------
(以上、自分のブログより引用)

ということだろうと僕は理解した。

言い換えると、

「誰もがネットにアクセスし、誰もがリアルタイムに情報を発信できる
 ようになると
逆に、現場の(リアルの)ことが分かる人間のみの価値が上がる」

のではないのだろうか。

いくらテクニックでアクセス数を上げたって、つまらん奴はつまらん。
いくらテクニックで本を売ったって、つまらん奴はつまらん。 (誰?(笑))
絶対にバレるのだ。
つーか、プロの新聞記者は、素人のブロガーに負けてる場合ではない。

結局はぐるぐる回っているな。

書いてて訳分からなくなってきたが、結局はバーチャル世界なんて存在しない。

あー、
大笑いしながら美味いもん食いたくなってきた。

そうだ、名店「S」に行こう。

| マーケティング | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mac-miyata.jugem.jp/trackback/563
トラックバック