Website Ribbon 外でメシを食い、酒を呑もう | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
<< 2010年マーケティング&ライフメモ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
外でメシを食い、酒を呑もう
東日本大震災が起こってちょうど一週間。

僕は東京にいますが、今やれること、をとにかくやっています。

・    仲間と協力して義援金まとめサイトの立ち上げ
・    いま所属しているところの、東北拠点への物資搬送支援
・    現地安否確認&被災地MAP作成
・    東北の地区本部機能停止に伴う代行業務
そして、当然ですが節電、不必要に車に乗らない、などなど。

もちろん全て必要なことだと思ってやっています。

でも、少し落ち着いてきた今に感じる、この違和感。

幸運にも、いま甚大な被災地から離れて生活できている僕らが本当にすべきこと・・・

それが、外でメシを食い、酒を呑もうってことじゃないんでしょうか。

誤解がないように言っておくと、要は、「経済活動を回そう」ってことです。

買占めをせず、不必要にガソリンを使わず、節電し、義援金を寄付し、
その上で、通常業務をできる限りこなし、経済活動に寄与する。
被災地から離れた僕らはこれをやったほうがいい。

なにもかもが「不謹慎」だと必要以上に巣ごもりし、節制をすることは経済を停滞させます。必要以上にビビって、仕事をしなければ、カネは滞ります。
企業が経済活動をできなければ、売上が上がらず、利益が上がらず、従業員に給料を払えなくなる。そしたら、家庭にお金がなくなる。買い占めたくてもできないよ。
アタリマエのことです。
カネは空から降ってこない。

すべてのものを「キャンセル」しちゃったら、それを受注していた企業はどうするの?

大企業はまだイイです。キャッシュに余力があるから。
(だから、大企業の社員は、カネが空から降ってくると思いがち)

中小企業は間違いなく・・・大変です。
死活問題です。

僕がこよなく愛する小さな料理屋さんも、お客さんが来なくて困っている。
食品を仕入れても、お客さんが来なければ無駄になる。
売上が上がらない。
もし継続ができなくなったら・・・困るのはお店の人はもちろん、そこを愛する僕らですよね。
そして、食品やガソリンを買い占める愚か者のせいで、本当に仕事に生活に必要なこういう人達の仕入れにも移動にも影響がでているわけです。
全て回りまわって自分に帰ってくるんです。

自分は間違いなく、「全体の一部」です。
すべてはつながっている。

為替や株式で儲けた人、よかったですね。
それが、「投機」でさえなければ、日本を買い支えたんでしょう。
合理的に考えれば、立派な経済活動です。
でも、それを行ったときの自分の心持ちが大事だと思います。
この状況下で、自分に恥じていなければいい、と思います。
まあ、人間「自分にだけ」はウソはつけないので、僕に言われるまでもなく、自身で分かっていることですよね。

サッカー選手が、「いまはサッカーなどしている場合じゃない」という台詞を言ってましたが、「じゃあ何をするの?」と思います。
君らがプロフェッショナルとしてやることはサッカーでしょう。
仮に直接的に被災地を勇気付ける行為にならなかったとしても、間接的に日本を活性化させ、支援にも繋がるでしょう。
野球選手も一緒。

もちろん、本当の本当にいま一刻を争う緊急事態に直面し、そこで実際に何かをやることができる立場であれば、全て別ですよ。
念のため・・・

「今」だからこそ、感じたことを書いてみました。

おちまさと氏のブログには激しく共感です
〜「不謹慎」とは何か〜
http://ameblo.jp/ochimasato/entry-10830934123.html

僕はいま、骨折して動けない母など、家族のケアを優先させてもらっていますが、こんな時だからこそ、可能な限り外食もなるべくしようと思います。
仕事は、もちろんです。
その一方で、被災地に直接支援できることを考え、実行しようと思います。

本当に、被災地の状況には・・・言葉がありません。
現地に知人が何人もいますが、彼らからの話はTVの何十倍も壮絶、そして凄惨です。
現地で戦っている人のためにも、人まかせにせず、僕らはやれることをやるべき。
僕らはみんな当事者です。

今回のことで、色々なものがリセットされてしまいました。

だからこそいま、僕らは「人として」本当に問われていると思います。
| 備忘録 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/03/20 12:43 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/27 10:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mac-miyata.jugem.jp/trackback/584
トラックバック