Website Ribbon 備忘録 | PRESENT  

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
これこそがホンモノの投資の本
株式投資とはこのこと。
RECOMMEND
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
「会計」の第一歩。
数字嫌いが払拭されます。
RECOMMEND
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
ファイナンスに限らず、様々な道具を使いこなすツールマスター石野さんの2冊目。板倉セミナーでの石野さんのコマが甦るようです。真っ当な株式投資・会計力トレーニング・ざっくりと3冊読めば、そこら辺のFPとかよりもよっぽどお金の本質を理解できるはずです。
RECOMMEND
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする (JUGEMレビュー »)
田中 靖浩
会計の本なのに、数字を一切使わないという、衝撃の本。数字に強くなるってこういうことだったのかー・・。田中靖浩さんのチャレンジ・人柄が伝わってくる素晴らしい本です。
RECOMMEND
クリティカル・ワーカーの仕事力
クリティカル・ワーカーの仕事力 (JUGEMレビュー »)
赤堀 広幸
「マネジメントはビジネススクールで学べるが、リーダーシップは実戦でしか学べない。」強烈なインパクトです。
まさにその「人材育成」がビジネスモデルとなっているベンチャー企業の本質を見ることができる本。ルーティンワーカーではなく、クリティカルワーカーへなる第一歩。
RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
組織という「枠」の中でアイデンティティを失いがちな昨今。「パートナーシップ」という働き方を通して、組織の枠を飛び越えた「人」と「人」とのつながりや、「個々人の"価値"の最大の活かし方」が見えてきます。
RECOMMEND
おりこうさんおばかさんのお金の使い方
おりこうさんおばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
カメラ量販店のポイントはおトクだと思っていませんか?某保険会社の「金利は当社が負担!」は、良心的だと思っていませんか?・・僕は思っていました。そんな世の中のトリックを暴く-- 世の中を生きていくために必須の知識が満載です。
RECOMMEND
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準
プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (JUGEMレビュー »)
代々木 忠
表紙を見て、「なんだこれ?」と思ったアナタ!かなり既成概念に捕われている可能性があります。この表紙はある意味「篩(ふるい)」です。乗り越えて、真実に辿り着けるか否か。
これはもはや、性書、いや、聖書です。国民のヨヨチュー・リテラシー向上のためにもぜひ読まねばならない本だと思います。
RECOMMEND
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
言わずと知れた板倉雄一郎氏の名書です。「全ての」エッセンスが詰まっています。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
「ファイナンスとは人の心理を読むことだ」と書かれた帯が印象的です。石野さん(師匠)が書かれたファイナンスの「しくみ」を理解するための本。かの板倉雄一郎さんも「マッキンゼー読むならこっちの方がいいよ」と言うほどの本です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
選挙演説

友人が某地区の選挙に出ている。

微力ながら、彼を応援をしている。

選挙公示日の翌日、駅前での決起大会にお邪魔した。
魂の震える演説。自然に涙が出た。

大盛り上がりで見守っていたら、友人である我々にもマイクを持ってしゃべって欲しいとのこと。

彼を応援するために集まった、ゆうに100人を越える応援者と、
駅前を通過するたくさんの人の前で、数人が1分間ずつのスピーチをした。

 ・特に選挙に関心の薄い若い世代に「選挙はヒトゴトではない」こと
 ・この候補者は、土壇場で「絶対に逃げない男であること」

それだけをしゃべらせてもらった。
駅前演説なんて、当然初の経験だった。


感じたこと。

ビジネスのプレゼンなんて、本当に甘い。

"ホンキの候補者"は、
全身全霊で「自分自身」を「地区の全ての人に【一瞬で】売り込む」必要があるのだ。
しかも全く「自分」のためでなく、「公器」としてだ。

全セグメント、全ターゲット、全方位、瞬間のマーケティング。

「おねがいします」

"ホンキの候補者"の一言には、とてつもない「重み」がある。
そのことを初めて知った。

もちろん、応援する僕らも、一人でも多くの人に彼の良さを分かって欲しい。
ウマい・ヘタはどうでもいい。
パワーポイント?
そんなもんあるわけない。
音響はハウリングしまくりの街宣車のスピーカー。
応援者だって、全身全霊、自分の存在を賭けてスピーチをせねばならない。

一人の友人が言った。

「自分の子供の将来を、安心して預けられる男です」

彼を応援する人々は本当に温かい。
町の人の反応も。

それでも、多くの人の選挙に対する、街宣に対する反応は冷ややかだ。
それは僕がそうであったように、全く批判できるものではない。

でも、やっぱり対岸の火事ではないんだな。
本当に。

僕は随分とこれに気づくのが遅かったが、
気づいている人も、思った以上に多かった。
そしてその波が確実に大きくなりつつあることを感じる。

公職選挙法に抵触する恐れがあるので、詳細は書けませんが、心底 彼を応援しています。

結局、大事なのは

「最後に逃げない奴かどうか」

だけのこと。

自分の利益や目的を求めてのプレゼンテーションでは全くない。
じゃなかったら、睡眠も贅沢も極限まで削ったあの生活を受け入れられるわけがない。
そんなに甘くない。
悟りすら感じる。

彼のような人間が政治家にならずして誰がなるのか。
本当にそう思います。

あと少しだ。
がんばれ。

| 備忘録 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
まぜるな危険・2

行ってきました。大イベントの続編。

 

一体どうなるのか分からない、本当にスリリングだった前回。

 

まぜたら、やっぱり

「核融合」が起きてました。


今回は、その2回目。

 

何事も2回目というのは新鮮さが薄れるもの。

映画のパート2は1作目よりも難しいという理由がよく分かります。

 

今回は、志の吉さんがいなかったこともあり、演者の順番が変わっていました。

 

前回は

 

志の吉さん⇒御立さん⇒田中さん⇒喬太郎さん

 

今回は、

 

田中さん御立さん喬太郎さん


 前回のテーマは「腹」。

不況のいまだからこそ、"胆を据えることが大事だ"、という話。

 

今回のテーマは「心・技・体」。

 

開口一番はブルームバーグの小笹氏が登場。

なるほど〜〜。

 

あの雰囲気で、あの会場での「開口一番」はホントにきついと思うけど、さすがはプロの語り口。

 

さて、本編。

 

1番手に登場は、明らかに痩せた特命会計士の田中さん。10キロ減とのこと。

自らの体験から、体を動かすことの大切さと快感を(!)知ったとのこと。

 

「現代人は頭を使いすぎ」

 

ホントにそうだと思います。

 

難しいことを考えて答えがでなければ、体を動かせばいい。

 

ついついアタマでっかちになってdriveの効かない自分を省みる。

 

 週一回の波乗りは、自分にとってはまさにライフラインだなぁ。

よくよく振り返ってみると、よくわかる。

 

田中さん、とても締まって健康的でしたが、

不健康で飲みすぎという「業」を常に抱えていた田中さんも・・僕は好きでした(笑)

 

二番手はBCG日本代表の御立さん。

 

前回と違って田中さんの後。

 

このような会では一番手より二番手以降の方が明らかに有利。

会場が確実に暖まるし、先手をイジれるので、ネタが増える。

これは、SWAを見ていて分かった。


 御立さんの話は、前回と構成が若干似ていて、

「先人が頑張っていたのだから、俺らがやらなくてどうする」 と。

 

前回は天保の老人の話だったが、

今回はルネッサンスになぞらえた。

 

ここで中入り。

 

前回は、田中さんが御立さんをハチャメチャにいじり、場が完全に暖まったあと中入りに入った。

今回は・・・どうなるか。

 

喬太郎師匠、当然この空気を・・・

 

「ぶっ壊す」

 

はず・・・

 

中入り終了。

満を持して、キョンキョンこと、真打・柳屋喬太郎登場。

 

一言。

 

「ん。   まぜるな危険。    ですか・・・」

 

 

「じゃぁ、まぜなきゃいぃんですよ」

 

 

大爆笑。

 

表情、間、声色。

よく分からないけど、すべてが完璧なのだと思う。

 

やっぱりこの人はすげぇ。

「柔」のプロ中のプロ。

 

流れを読んでいる。

いま観客が求めているものを知っている。

 

喬太郎の「古典」を聞くのは2回目。

ぶっちゃけ「新作」を期待してたけれど、ただの古典ではなかった。

 

現代風にアレンジした、喬太郎式現代風古典落語。

顔芸から声色からオーバーアクションから何から何までとにかく面白すぎ。

 

僕の右隣には初めて喬太郎落語を聞くCLAで一緒の桃ちゃんと、落語自体はじめてのテツシの兄。

目を丸くして聞いている。

 

はじめての落語がこれとは・・

ある意味不幸だ。

 

ぶっちぎりの面白さで最後まで。

 

死ぬかと思った・・・

 

最後のトークショーがこれまた圧巻だった。

 

田中さんが喬太郎に

「弟子はとらないんですか?」

という質問。

 

弟子への思い。

真剣さ。

演者として、目の前で勝負することが全て。

 

そして・・苦悩・・・?

ここでは書〜かない。

 

だって、喬太郎師匠が

「ブログはほどほどに」と言っていたからね(笑)

 

あの柳屋喬太郎の本音が少しでも聞けたのならば、これほどすごいことはない。

あれから、ずーっとアタマの中に残っている。


表現者として、男として、学ぶべきことが多すぎる。

今回も学び多き会に感謝。

| 備忘録 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
Euphoria Night

先日、ユーフォリア・ナイトという、心温まるクレイジーなパーティ(笑)をこのお方と2人で企画。

イタリアから帰国中の著名デザイナー、三井直彦さんをスペシャルゲストに迎え、約20名の夏の宴(うたげ)。

みなが一騎当千の、尊敬するクレイジーな方々ばかり。

やはりとんでもないことに・・・。

立場ある方ばかりなので、CSR上、さすがに写真は自粛します(笑)

とにかく空いたテキーラは5本は下らないというメヒコ人も驚きのパーティとなりました。

エネルギーレベルの高い人たちは、ビジネスは勿論のこと、酒を飲んだだけでもすごいことになる。
これは、数年間の統計で立証されています(笑)


さぁ。これから一歩一歩、色々なことを仕掛けて行きます。


でも、その前にまた潜水が必要。
限界まで息止めるぜ。
| 備忘録 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
すぐに忘れてはくり返す
 
最近、集中してやっていることがあり、「落語」に触れられていないので、自分のキレが鈍っている気がする。

人間はアホなので、すぐ忘れる。

特に僕のような刺激中毒患者は、定期的に刺激に触れていないと死んでしまう。
完全にスリルジャンキー。

サーフィンは毎週欠かさずやっている。
一週でも欠かすと調子が悪い。
15年近くやっているのに、日常生活では、海の上の感覚を忘れる。
なので、毎回新鮮である。

落語。
継続して聞いていないと、あの独特の「間」を忘れる。
「人間の業を肯定する」面白さや、「許容」を忘れる。
大企業でアグラ書いているアホ役員やアホ社員、責任逃れ野郎、小手先の偽者野郎を許せなくなる。
究極、それらも含めて社会なんだろうが。

クルマでスピードを出す。
事故りそう(もしくは捕まりそう)になる。
しばらくおとなしくする⇒忘れてまた繰り返す。

深酒で痛手を負う。
でもまた繰り返す。

本を読む。
アンダーラインを引く。
読み返す。
しばらく経つと忘れる。
再読するととっても新鮮。
映画もそう。
同じ映画を2回目に見ても新鮮。

梅雨である。
もうすぐ夏である。
四季こそが本当に毎年のように新鮮である。
毎年何を着ていたのか?
どこへ行っていたのか?
似たプロセスで思い出し、似た行動をする。
そして、夏は本当に短いということを毎年のように痛感する。

朝起きる。
すべての始まり。
あっという間に夜になる。
また繰り返す。

基本的には人生はその繰り返し。

人間が多くを記憶できないのは、
「新鮮さ」という果実を得るためだけなのか。

もしくは、
単に脳味噌のポテンシャルを使えていないだけであって、
つまり単なる怠慢であって、
「記憶や行動を"努力して"定着させた」人間だけが
その一歩先へ行くことができるのだろうか。

「新しいもの」(新規学習) と 「繰り返し」(復習)

のバランスは難しい。

忘却曲線理論に忠実に沿って生きていけばいいのか?
直感的に、クソつまらない人生になりそうな気がする。

これは答えが出ない気がする。
多分、一生。

| 備忘録 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
1st Anniversary
 

 


沖縄に行っていました。

 

6月17日は妻の誕生日 兼 昨年ハワイで挙式をした日。

 

本当にあっという間の一年です。

ハワイ、とまではいかないまでも、記念としてしばしの南国気分に浸って参りました。

改めてこの”一年”に感謝するとともに、昨年、ハワイまで遥々来てくださった大切な皆さん、国内のパーティにも遠路から参加頂いた全ての皆さんに心の底からお礼を言いたいと思います。


 





ありがとうございました!!!!!



 

結婚する前は想像もしなかった喜びと、自分の甘えに気づかされ覚悟を試される場面が出てきます。人間は各々の人生の変化に応じて成長させられる生き物なんですね。

まだまだ結婚生活スーパー初心者ですが、実感することが多いです。

 

一番側にいてくれるパートナーをはじめ、本当にたくさんの人に支えられているなぁ、と実感した一年。

「感謝」の気持ちが自然と湧き出てくる。

これも想像だにしなかったな。


どんどんforwardしていきたいと思います。

 


やったるぜぇ!!

| 備忘録 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) |
大結婚式@古都奈良

友人のえなちゃんとMスズちゃんの結婚式に夫婦でお招き頂き、土日は奈良に。
この土地の土を踏むのは、修学旅行以来、実に約20年ぶりである。

僕らが板倉さんを介して出会ってから僅か3年。
摂取した酒量:約10年分。

付き合いの深さと結びつきの強さは、時間ではなく摂取した酒量に間違いなく比例する。

このえなちゃんは、超大手メーカーの新規事業プロデューサーなのだが、
昔は400人くらいのダイバーズサークルのTOPだったらしく、昔の写真はかなり調子に乗ったチャラ男。
その反動か、今は立派なスレイブ(ドM)生活を満喫している。

一方、新婦のMスズちゃんは超良家の娘サンなのだが、酒を飲んだ時のパフォーマンスの高さは、他の追随を許さない。

というわけで春日大社で親族のみの式が終わった後、披露宴から参加。
会場はヒルトップテラス。
春日大社の森のなか、最高のロケーションである。

披露宴は、さすが関西!
というべきかゲストへのインタビューが多く、また、みんなよくしゃべる(笑)
とにかく、二人から家族・友人・ゲスト全てへの愛が溢れるような、
二人の人柄がにじみ出た、最高に心温まる披露宴でした。
ビデオは泣けた。泣かせやがった。

二次会は「名門」奈良ホテルにて。
(「名門!」コールはなかったけど)
二次会とは全く思えない、超豪華な会場。
披露宴の倍のキャパ。
極めつけの金屏風(笑)

司会は橋口さんと僕。
この会場にしてこの二人。

大体からして、かなりふざけた人選であることは言うまでもない。

当日の披露宴の前、はじめての幹事顔合わせ。
(この時点で完全におかしい(笑))

30分程度でランスルー。
遠隔地での司会は初めてかつ、段取りの全容が分かったのもぶっちゃけ当日だ。

おまけに新郎新婦のリクエストは

「とにかくメチャクチャにしてください」

「燃やさない限りOKです」

・・・アホである。

由緒正しき高級ホテルの荘厳な会場に入った瞬間、橋口さんと顔を見合わせてひとこと。

「どう、無茶苦茶にしてくれようか」

スイッチが入る。

会場が真っ暗になり、幹事の一人、Nちゃんの旦那さん作成のプロフィールビデオでスタート。

さぁ、2時間のショーのはじまり。



簡単な台本はあれど、アナウンスの90%はアドリブ。
最低限の流れだけ押さえつつも、どうなるかは司会の我々も全く想像できない。

歓談の時間、人気者の二人の周りには、あっという間に人だかり。

飲む、飲む、飲む。
とにかく呑まされるエナミ。



とにかく笑うMスズ。

盛り上がる会場。

この勢いでメインイベントへ(この時点でお約束の20〜30分押し)。

メインイベント
「どっちの"えなみすずショー"」

HassyのPPTをもとにこれまたアドリブで二人で掛け合って進行。
とにかく、放っておいても素材がオモロすぎるので盛り上がる(笑)

橋口さんのブログをご参照)

大物:Mスズと比較して、大きく水を空けられた小物:エナミは、お約束のテキーラ一気。

イベント終了。

幹事との連携で、このあとのスケジュールをこなすためにココで許された歓談の枠:3分。

・・・無理である。

舞台裏、幹事のノブくんとの打ち合わせで、色々考えたが

最終的な結論

「時間を無視しましょう」

なんじゃそりゃ(笑)
だってそういう感じだったんだもん。

昨年の僕自身の結婚パーティーがよみがえる。
まぁ、(勝手に)ケツをまくったわけです。

その後、二人へのインタビュー動画 〜 初めての公開プロポーズ。

二人の思い出が詰まったエピソード集を二人にプレゼント。
そのミニ版を会場全員へ。

そして、二人の思い出が反映された景品プレゼント。

このあたりは全て関西チームの、本当に手の凝んだ、思いが詰まった演出。
・・・すばらしい。

なんと!ここで終電がヤバイとの情報入手(笑)
デザートを皆さんに楽しんでもらう時間も少なく、
ここで東京チームのサプライズスライドショーを放映。

総勢28名から届く熱いメッセージ。
宇宙服姿のドッキーさんをはじめ、大物達から届くメッセージ。
スライドの〆は板倉さん⇒そのあと、なぜかムラタぐ扮するワン・チャーワンが登場(笑)

感動と笑いの入り混じる会場。

最後は新郎新婦二人からの挨拶。

退場は、全員スタンディング、割れんばかりの拍手で。
演台から見たその光景は、本当にユーフォリア感に溢れていた。

とにかく最高だった。



22時半頃終了し、さて三次会。
さすが観光地奈良。
この時点でやっている店はほぼ皆無。

会場のBARも狭く、貸し切れないハズが、結果として貸し切ることになる。
(ご想像におまかせします(笑))

新郎新婦が出会ったハレンチサークルのみなさん(笑)、
新郎新婦の会社の方々(3次会まで来るからすごい)
そして、当然オールナイトの東京メンバー。

総勢40名以上?
テキーラ、ワイン、スパークリングをあおり続け、
気づいたらこんな状態に。



これがある意味予定調和(笑)

その後、朝6時近くまで日航奈良の部屋で4次会。

いや〜楽しかった!
本当に最高の夜でした。

大阪、兵庫、神戸、金沢、東京の遠隔地幹事軍団、
ノブ君、あいちゃん、イズミックス、ぬまさん、ミエッコリちゃん、
素晴らしいチームワークでした。おつかれさま。

エナちゃん、Mスズちゃん、あったかい仲間に囲まれて幸せモンだね!!
本当におめでとう!!!

今頃ギリシャの空の下。
また呑んでるんだろうな。

おめでとう!!

| 備忘録 | 22:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
イチロー語録
イチローの快挙を受けて。

一番になりたかった。ボクはナンバーワンになりたい人。競争の世界に生きている者として『オンリーワンがいい』なんて言っている甘いやつが大嫌い
(08年9月28日、シーズン最終戦で『張本超え』がならず)

大賛成。

オンリーワン商品は、ナンバーワンだ。
ナンバーワンになれない商品など、決してオンリーワンにはなれない。

余談ですが、

「自分探し」

とか言っている奴も大嫌い。

あと、

「自分へのご褒美」(笑)


こういうフェイクな感じは嫌いである。


PS
今日、大倉山ジャンプ台の前を初めて通りました。
とにかくすごいのが空の青さ。



札幌五輪、長野五輪。
なんだか強者どもが夢の跡つながりですが、思うところあり。
札幌の山間部はまだ雪が残っていました。

その後、また飛行機で網走方面へ移動。
まだまだ気温は2℃です。
| 備忘録 | 23:59 | comments(3) | trackbacks(0) |
WBCとナショナリズム

優勝うれしすぎです。
もう・・・理屈ぬきにすごかった。

リードしていたり、押せ押せムードの時には、
勢いで打てたり、投げてもうまくいったりし易いものだと思いますが、

追い込まれて、誰もが「駄目だ」と思った時に、

「なんとか」する。

これがリーダーであり、主人公なんですね。

イチローの決勝タイムリーはすごかった。
すごい集中力に、それを担保する精神力。

目を覆いたくなるようなピンチを何とか投げきったダルビッシュ。

解説が笑いました。

まったくストライクが入らないダル。
9回裏ランナー2,3塁。

アナ「もう、どうにもならない状態ですね」
清原「そうですね。ここは技術とかもう関係ない、気持ちだけの勝負ですね」

個人的には調子が悪くても藤川に投げて欲しかったけど。

とにかく投げきったってのがすげえ。

MVPは岩隈にあげて欲しかった。

やっぱ20勝投手は伊達じゃないです。

絶頂のなか、故障し、2006、2007の2シーズンで勝ち星たったの3。
2008年 復活20勝!するも北京五輪の代表を落とされ、変わりに行ったのは後輩のマーくん。
しかし、WBCという大舞台で雪辱を果たす。

どん底を経験した男ってやっぱ強いんだなぁ。

もう最近、感動しやすくて涙腺ゆるくなって困ります。

「感動させます!」っていう、巷に溢れる感動させ屋さんには1ミリも心動かされないのに筋書きのないドラマには、すぐに泣かされます。

東京マラソン、35.6キロ地点で捕獲したH(hentai)さん。
あまりにも辛そうで、「速水いまいち」バリに人相が変わっており、最初誰だか分かりませんでした。
でも・・・そこから気合の完走。
すごかった。

走りきったあと、すんごいイイ顔でした。
とにかくすごかった。

野球でもサッカーでも、自分の国を愛して応援するのは素晴らしいことだと思います。
どんなきっかけであれ、日本人は自国をもっと誇りに思っていいでしょう。
こういうところから健全なナショナリズムは育つと思います。

いや〜、すばらしい!
ホントありがとう!!

景気よくなるよ〜〜!(しつこい?笑)
| 備忘録 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
馴れ初め紙芝居

金土日は仕事で那須塩原へ。



金曜日にまさかの大雪でこんな感じ。

色々とそこそこ無茶しましたが、運良く皇宮警察に捕まることはありませんでしたよ>Hさん

ところでキンさんのブログに、
7月の僕らの結婚パーティのときの
「名門」馴れ初め紙芝居の写真が載っていて、うれしかったっす!

http://yaplog.jp/kinshio/archive/140

顔が黒く塗られているのは日焼け。
僕と相方が出会ったときの絵だった、と記憶しています。
夏です。懐かしいなぁ!
実は最初、志の吉さんに落語をお願いしたいと思っていたんですが

「これがいいぞ!」

とある居酒屋での田中さんの一声から実現した企画です。

深夜までかかった綿密な打合せ(インタビュー)。
一方、時差ボケでフラフラだった僕(笑)

志の吉さん、ホントにありがとうございました。
その後の詳細な場面設定。

プロの仕事の舞台裏をちょっとだけ見せて頂きました。

キンさん、志の吉さん、田中さん。
改めまして、ありがとうございます。
思うに、「ライブ」の世界は、というのは自分の存在を賭けて挑む世界。

すげえ人たちです。

学ぶことイッパイ。

3月17日 第二回「キンシノ」ライブ@代官山。
こちらも必見です。

今日から今月3回目の北海道。。。
はキャンセルになりそうです。。
死ぬ・・(笑)
| 備忘録 | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
おもしろき こともなき世を おもしろく
波乱の年の幕開けです。

最高の天気です。

今年の初夢は、なぜか自分がミュージカルのダンサー。
いつもできている宙返りができず、本番を外され、家に帰らされる、という、
今まで経験したことのない悔しさでした。

実力はあるのに、出せない。

そんなことは、
あまり経験したことはないのですが、これも何かの暗示でしょう。

年越しは、相方の親戚@横須賀で。

相方のご両親、親戚の方々、
そして、義叔父の山海塾:A氏、
その奥様のLさん(リチャードギアなどそうそうたる俳優の髪もカットしているフランス人のカリスマ美容師)、
いとこのハーフ、Rちゃんも集まり、
超にぎやかな年越しでした。

紅白見たのは何年ぶりかな。

その後、相方が風邪で3日間ダウン。
恒例の浅草へもいけていませんが、不運だとは思っていません。

初夢しかり、浮かれ気分を完全に吹き飛ばす、肯定的な出来事だとして受け止めます。

底からUPするだけですからね。

それにしても、去年のブログとはえらい違いです(笑)
http://mac-miyata.jugem.jp/?day=20080101

というわけで・・・

明けましておめでとうございます!!!

本当に節目の年となった昨年。
ひとことでいうと「感謝」の年。

そして、今年はすンごい勝負の年になります。
ぼくにとっては今年が「変化」であり「勝負」の年。

そして、タイトル通り、面白いことを起こしていきますよ!

どうぞよろしくお願いします。

PS
初乗りは、千葉は白子ポイントで。
肩〜頭オーバーのそこそこの波でした。
やったるぜ〜〜〜!

(写真は去年6月、ハワイのワイキキのはるか沖でのサーフ中)
| 備忘録 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/16PAGES | >>